2015年に違法賭博が最も多いのはテニス 専門機関が暴露

公開日:  更新日:

 欧州のスポーツベッティング(賭け事)などを管轄する「ヨーロッパ・スポーツ・セキュリティー・アソシエーション」(ESSA)が18日(日本時間19日)に発表した報告書によれば、昨年(15年)、賭けの対象になった大会のうち、法外な金額が投じられるなど、八百長を疑われる試合が最も多かったという。

 ESSAが昨年、賭けの状況を監視した100試合のうち、テニスは73試合で不正が疑われている。昨年9~12月の4カ月間だけでも、異常な賭け率が確認されたのは24試合にのぼるという。

 報告書では「八百長疑惑が多かったサッカーに代わり、テニスで増える傾向にある」と警告している。

 テニスの八百長疑惑を巡っては今年1月、過去10年間で世界ランキング50位以内に入った16人の選手が不正に関与していたことが発覚。17日には男子テニスのジャトゥポン・ナランプーン(タイ)が賭博に関わったとして18カ月の資格停止と罰金5000ドル(約57万円)を科されたばかり。今後はトップ選手にも、ますます疑惑の目が向けられそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  7. 7

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る