2015年に違法賭博が最も多いのはテニス 専門機関が暴露

公開日: 更新日:

 欧州のスポーツベッティング(賭け事)などを管轄する「ヨーロッパ・スポーツ・セキュリティー・アソシエーション」(ESSA)が18日(日本時間19日)に発表した報告書によれば、昨年(15年)、賭けの対象になった大会のうち、法外な金額が投じられるなど、八百長を疑われる試合が最も多かったという。

 ESSAが昨年、賭けの状況を監視した100試合のうち、テニスは73試合で不正が疑われている。昨年9~12月の4カ月間だけでも、異常な賭け率が確認されたのは24試合にのぼるという。

 報告書では「八百長疑惑が多かったサッカーに代わり、テニスで増える傾向にある」と警告している。

 テニスの八百長疑惑を巡っては今年1月、過去10年間で世界ランキング50位以内に入った16人の選手が不正に関与していたことが発覚。17日には男子テニスのジャトゥポン・ナランプーン(タイ)が賭博に関わったとして18カ月の資格停止と罰金5000ドル(約57万円)を科されたばかり。今後はトップ選手にも、ますます疑惑の目が向けられそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇場版「鬼滅の刃」公開 SNSの“負の側面”から広がった共感

  2. 2

    非ジャニオタも取り込んだSnow Man 初動90万枚突破の秘訣

  3. 3

    元祖ビジュアル系 ジュリーの化粧に賛否両論が巻き起こる

  4. 4

    今や芸能界をけん引「アラフィフ女性」パワーに男もかすむ

  5. 5

    菅首相えげつない灰色“錬金術パーティー” 規正法に抵触か

  6. 6

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  7. 7

    何が「未来志向」だ! 学術会議が菅政権に下す反撃の一手

  8. 8

    堺雅人が育メンでやっと充実オフ「半沢直樹」の“役落とし”

  9. 9

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  10. 10

    新庄剛志が「あんまり今お金ない」発言…では何を生業に?

もっと見る