元ツアー選手語る 日本人がプロテニスで食べていく絶対条件

公開日:  更新日:

 スポンサー契約も含め、年間収入が20億円超ともいわれる錦織圭(25)。昨年の賞金額は443万9218ドル。1ドル=110円で換算すると、本業では、日本選手としては史上最高額の約4億8831万円を稼いだ。
 世界ランク5位(5025ポイント)の錦織は別格だが、プロテニス選手といっても皆が食えているわけではない。全国レベルで好成績を残すだけの実力をつけ、申請が認められれば、「プロテニス選手」にはなれる。

「賞金で生活できるという意味では、世界ランク100位がひとつの目安です」というのは、現役時代、プロテニス選手として世界ツアー(WT)を転戦。03年には全豪オープンにも出場している坂井利彰氏(現慶大庭球部総監督)だ。

 男子プロテニス協会(ATP)に加盟するプロは毎週世界各地で開催される競技大会を転戦してポイントを稼ぐ。大会はグランドスラム(優勝2000ポイント)を頂点とし、ワールドツアーファイナル、マスターズ1000(年9試合)、500シリーズ(年11試合)、250シリーズ(年40試合)とつづく。プロがツアーに参戦するためには、チャレンジャー(優勝80~125ポイント)やフューチャーズ(同18~35ポイント)といった下部大会に出場し、ポイントを重ねなければならない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る