五輪4連覇に暗雲 女子レスリング“絶対女王”伊調馨負けた

公開日:  更新日:

 ライバルたちは常に研究している。

 レスリングのリオ五輪で4連覇を狙う女子58キロ級の伊調馨(31)が29日、ロシアで行われた国際大会の決勝で、22歳のプレブドルジ(モンゴル)にテクニカルフォール負けをした。

 伊調は07年のアジア選手権で不戦敗を喫しているが、試合で敗れたのは03年3月以来13年ぶりだ。

 伊調は63キロ級で04年アテネ五輪から12年ロンドン五輪まで3連覇。世界選手権では昨年まで10度優勝している。

「リオでも金メダルは堅い」との声も聞かれるが、ライバルたちは伊調の動きの癖などを日々、徹底研究している。

 栄和人強化本部長は「五輪本番でなくてよかった。立て直す時間は十分にある」と言った。

 この敗戦で「伊調につけ入る隙あり」と感じたのは、黒星をつけたモンゴル選手だけではないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  2. 2

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  3. 3

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  4. 4

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  10. 10

    太郎ちゃんが「恥を知れ!」と叫んだ入管法改正は嘘ばかり

もっと見る