• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

神宮野球大会で決勝進出 香川の伝統校・高松商「復活秘話」

 春夏計4回全国制覇の古豪・高松商(香川)が復活の気配だ。

 16日の明治神宮大会準決勝(高校の部)で、大阪桐蔭を7-6で下し、敦賀気比(福井)との決勝戦に駒を進めた。

 96年を最後に甲子園から遠ざかっていた伝統校が秋の四国大会を制し、明治神宮大会でも気を吐いている。

「近年の香川は甲子園でからっきし。で、県が本腰を入れて公立校の強化に取り組んだ。その一環が長尾健司監督(45)の招聘です」と、地元マスコミ関係者がこう続ける。

「長尾監督は丸亀高、順大を経て香川県の中学教諭に。軟式野球部の監督を務め、前任の香川大付属坂出中を全国大会に導くなど指導者としての評判が高かった。その長尾監督を昨年4月、中学高校の人事交流で高松商監督に据えたことが大きかった。長尾監督を慕って県内の野球のうまい中学生がかなり入学したのです。その子たちを昨年から主力として鍛え、出来上がったのが今回のチーム。2年前にOBたちの寄付で室内練習場が完成したことも見逃せません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る