アマは悩み増 ゴルフボール「第三のカテゴリー」の波紋

公開日: 更新日:

 とはいえ、ボールの種類が増えたことで、ゴルファーは逆にどれがいいのか余計に悩むことになる。

 各メーカーとも、ターゲットユーザーが曖昧だ。“飛距離を最重視するアスリート系ゴルファーのための「飛びの切り札」”“やわらかいのにさらに飛ぶ新感覚”“飛ぶ。止まる。柔らかい。3つの新感覚で飛ばす”─―。

 ボールのイメージばかり強調しており、これでは分かりづらい。

「ドライバーの平均飛距離や平均スコア、パット数からミスの傾向など、ゴルファーは皆、自分のデータは分かっている。それに対応した説明が一切ないから、ゴルファーは悩むわけです。だから仕方なく、ボールが合う合わないは使ってみないことには分からないと諦めている。クラブと違ってフィッティングもなく、ただ漠然と『飛んで止まる』と説明されても、ゴルファーはピンときません。メーカーのボール選びガイダンスが不十分ですね」(用品アナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3年前の因縁再び「広島誠也VS巨人坂本」セ3冠のし烈な争い

  2. 2

    日本はどうしたのか 正気とは思えないトランプ“狂騒”<上>

  3. 3

    暴言で辞職も得票率7割で再選 泉房穂明石市長が語る市民愛

  4. 4

    広島8連勝で単独首位 OB投手も成果指摘の「佐々岡式」とは

  5. 5

    岡田版「白い巨塔」は大門未知子不在のドクターXみたい

  6. 6

    4試合10安打の巨人・丸 カープOBが危惧する“打撃の病気”は

  7. 7

    新垣結衣 来春朝ドラ「エール」に“バーター”出演の可能性

  8. 8

    菊池涼介が証言 広島浮上は4.17G丸弾で“尻に火”がきっかけ

  9. 9

    トランプ来場で国技館は超厳戒 相撲観戦客は大ブーイング

  10. 10

    なすびさんの不屈の精神力「今は電波少年に感謝の気持ち」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る