主砲の李大浩退団も ソフトバンク打線は余裕しゃくしゃく

公開日: 更新日:

 痛くもかゆくもない、というのは言い過ぎか。

 李大浩(33)のマリナーズ移籍により、主砲を失ったソフトバンク。昨季は31本塁打、98打点、打率.282と好成績を残しただけに、首脳陣はさぞ頭が痛いだろう。

 しかし、そこは12球団随一の巨大戦力を誇るソフトバンクだ。ある球団スタッフは「戦力を考えれば、残留してくれるのが一番でしたが」と、こう話す。

「ウチはスタメンがほぼ固定されている。誰かがケガをしたり、ベテランを休ませる目的でもなければ、おいそれと若手を起用できない。だから、主力が1人いなくなった分、育成のチャンスは増える。デホのポジションは主に一塁とDH。昨季、主に右翼を守っていた中村を一塁に回せば、空いた右翼で伸び盛りの福田や上林を鍛えられる。左翼の内川に一塁を守らせ、打撃に専念してもらうこともできます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  6. 6

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  7. 7

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  10. 10

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

もっと見る