最多敗戦投手は? 2016年「裏タイトルホルダー」徹底予想

公開日:  更新日:

 プロ野球(阪神)ファンの放送作家・高橋洋二氏は数年前から開幕前にタイトル予想を行っている。今回、最多併殺打、最多敗戦といったワースト記録のタイトルホルダーを予想してもらった。その結果とは?

  ◇  ◇  ◇

 まず断っておきたいのは裏タイトルホルダーは一流選手の証しであるということで、どの部門も1シーズン通して野手ならスタメン、投手なら先発の柱を務める選手じゃないと1位はとれない。

 例えば最多併殺打といえば、昔は野村克也が常連で、通算記録でも2位を大きく離しての1位である。俊足ではないこと、右打ちであること、ほぼ絶対、代打は送られない好打者であること、などがこの部門のキングの条件といえよう。

 昨年はセがマートン(21個)、パが内川聖一(24個)だったが今シーズンはどうか? マートンがいなくなったので、昨年2位(15個)の4選手、川端慎吾(ヤクルト)、福留孝介、ゴメス(阪神)、新井貴浩(広島)を候補と考える(しかし阪神は併殺打多いね)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る