破廉恥写真も流出 バド桃田「裏スロット」以外に“余罪”か

公開日:  更新日:

 闇カジノだけではなかった。NTT東日本は12日、同社に所属するバドミントン男子の桃田賢斗(21)らが、違法スロット店、いわゆる「裏スロット」でも賭博行為を行っていた事実を公表。また、“桃田の賭博行為はすべて先輩の田児とおこなったもの”との8日の記者会見での説明を訂正し、桃田が一般女性と2人で闇カジノに行っていたと明らかにした。

「新たに出てきた裏スロット通いの余罪とともに注目されているのが、桃田の破廉恥写真です。すでに、発売中のアサヒ芸能で4カットが掲載されていますが、東京・墨田区にあるスナックの店員と唇を重ねたり、抱き合ったり、スカートをめくり上げて下半身を丸出しにしている女性の横でカラオケに興じるものなど、赤面モノの写真です。闇カジノ問題が発覚する前後に、一部でこの写真が出回り、桃田をはじめ関係者が頭を抱えたという、いわくつきのものです」(マスコミ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  2. 2

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  9. 9

    JIC騒動で露呈…官民ファンドは血税しゃぶる“天下り集団”

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る