SRサンウルブズが初白星 観光気分のジャガーズを後半逆転

公開日:  更新日:

 今季から南半球最高峰のスーパーラグビー(SR)に参戦した日本のサンウルブズ。ここまで開幕から7戦全敗。18チーム中、唯一白星がなく最下位に沈んでいたが、同じ新規参入のジャガーズ(アルゼンチン=1勝6敗)と23日に秩父宮で対戦。後半に逆転し、36対28でようやく初勝利をあげた。

 そのサンウルブズだが、対戦相手にナメられてばかりだった。これまで来日したライオンズ(南ア)、レベルズ(豪州)の2チームの選手たちは、夜は六本木や渋谷に繰り出していたそうだが、ここまで対戦した7チームともサンウルブズ戦では主力を温存。日本のホーム(シンガポールでの2試合含む)では、航空機事故などの不測の事態を避けるため、トップ選手を地元に残して1・5軍で臨んでいるほどだ。

 今回勝ったジャガーズも、実は連戦の疲れを癒やすため、17日に来日してからは軽めのメニューで調整してきた。昨年のW杯で4強入りしたアルゼンチン代表メンバー主体のチームは練習後、都内秋葉原の電気街で買い物をしたり、皇居や神社仏閣に足を運ぶなど観光気分を満喫。初来日の選手ばかりなので、行く先々でカメラのシャッターを押しまくっていたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る