リオ五輪はメダル期待薄 日本ボクシングにルール改正の壁

公開日: 更新日:

 日本のアマチュアボクシング界が再び、低迷期に入りかねない。

 日本ボクシング連盟は25日、リオ五輪のアジア・オセアニア地区予選(3月、中国)の日本代表選手選考会を実施。男女合わせて9階級の代表選手を選出した。

 前回のロンドン五輪バンタム級銅メダルの清水聡(29)はライト級で出場。成松大介(26)と対戦したものの、2ラウンド終了間際に偶然のバッティングで前頭部から出血。0-2の判定負けで代表入りを逃した。

 清水は同連盟の山根明会長の判断によって補欠でメンバー入り。成松がアジア・オセアニア地区予選で出場権(3枠)を勝ち取れば代表が内定するだけに、清水のリオ出場は難しい状況となった。

 14年秋以来の実戦復帰となった清水は「ハードなトレーニングをすれば、まだ上げられる部分はある。まだ望みはあるのでしっかりやっていきたい」と、世界最終予選(6月、アゼルバイジャン)での出場権獲得に意欲を見せた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    収入すべてを使い切る生活 今の暮らしでは4年後に老後破綻

  6. 6

    竹内結子さんと三浦春馬さんに「共通項」…心理学者が分析

  7. 7

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  8. 8

    原巨人がついに着手する“リストラ”作業 FA補強の影響は?

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    スガ友人事横行 異例抜擢“秋田つながり”柿崎補佐官の評判

もっと見る