有終の美飾ったはずが…引退パッキャオにもう復帰プラン

公開日: 更新日:

「引退」はしても、「復帰」をしないとは誰も言っていない。

 9日(日本時間10日)に“ラストマッチ”を行った、元ボクシング6階級制覇のマニー・パッキャオ(37)。3度目の対戦となるブラッドリー(32)を相手に序盤から攻勢に出ると、7Rと9Rにダウンを奪う。カウンター狙いのブラッドリーを手数で圧倒し、大差の判定勝ちを収めた。

 母国フィリピンの政治家でもあるパッキャオは、5月の上院選に出馬予定。リング上では「フィリピン国民のために引退を決意した」と話したものの、復帰の可能性はゼロではない。

 パッキャオの「引退騒動」はこれまで何度もあった。昨年、メイウェザーとの「世紀の一戦」後に、引退が取り沙汰されていたのは記憶に新しい。今回のブラッドリー戦前にも「またリングに上がりたくなるかもしれない」と言えば、パッキャオのプロモーターを務めるボブ・アラムも「私は『引退試合』なんて広告は出していないだろう?」と、周囲をけむに巻いている。プロ解禁の動きもあるリオ五輪ボクシング代表にも、「母国のために闘うのは名誉なことだ」と興味を持っているのだ。

 フィリピンでは「将来の大統領」とも言われるパッキャオだが、政治活動がうまくいく保証はない。政治家としての人気取りか、あるいは政治に失望してボクシング熱が再燃するのか……。いずれにせよ、パッキャオがリングに舞い戻る下地は十分に出来ている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    広瀬すずにもNHKピリピリ…朝ドラ主演の過酷さと監督事情

  3. 3

    「昭和の人間ですが」中森明菜が平成最後に綴る手紙の悲痛

  4. 4

    化粧しっかり…松嶋菜々子「なつぞら」の"雪肌"に違和感

  5. 5

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  6. 6

    「なつぞら」広瀬すず友達役…富田望生は“視聴率の女神”か

  7. 7

    あんだけ体重があるのに大阪桐蔭の西谷監督はフットワークが軽い

  8. 8

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  9. 9

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  10. 10

    「なつぞら」高畑淳子 "テンション高め"の演技に懸念浮上

もっと見る