有終の美飾ったはずが…引退パッキャオにもう復帰プラン

公開日: 更新日:

「引退」はしても、「復帰」をしないとは誰も言っていない。

 9日(日本時間10日)に“ラストマッチ”を行った、元ボクシング6階級制覇のマニー・パッキャオ(37)。3度目の対戦となるブラッドリー(32)を相手に序盤から攻勢に出ると、7Rと9Rにダウンを奪う。カウンター狙いのブラッドリーを手数で圧倒し、大差の判定勝ちを収めた。

 母国フィリピンの政治家でもあるパッキャオは、5月の上院選に出馬予定。リング上では「フィリピン国民のために引退を決意した」と話したものの、復帰の可能性はゼロではない。

 パッキャオの「引退騒動」はこれまで何度もあった。昨年、メイウェザーとの「世紀の一戦」後に、引退が取り沙汰されていたのは記憶に新しい。今回のブラッドリー戦前にも「またリングに上がりたくなるかもしれない」と言えば、パッキャオのプロモーターを務めるボブ・アラムも「私は『引退試合』なんて広告は出していないだろう?」と、周囲をけむに巻いている。プロ解禁の動きもあるリオ五輪ボクシング代表にも、「母国のために闘うのは名誉なことだ」と興味を持っているのだ。

 フィリピンでは「将来の大統領」とも言われるパッキャオだが、政治活動がうまくいく保証はない。政治家としての人気取りか、あるいは政治に失望してボクシング熱が再燃するのか……。いずれにせよ、パッキャオがリングに舞い戻る下地は十分に出来ている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  2. 2

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  3. 3

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  4. 4

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  5. 5

    瀬戸大也は「鋼のメンタル」ラブホ不倫で謝罪も“金”揺がず

  6. 6

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  7. 7

    平沢復興相 前首相の私怨で冷遇…入閣に“故郷”は冷めた声

  8. 8

    自民党総裁選 カッコ悪い大人たちにど汚いもの見せられた

  9. 9

    巨人菅野「最多勝」で有終の美も…唯一の心残りは“古女房”

  10. 10

    ジャパンライフ詐欺は安倍‐菅案件 行政大甘対応の根源

もっと見る