山中が10連続防衛 日本人世界王者8人で「本物」は誰だ?

公開日: 更新日:

 ボクシングファンでも全員の名前を挙げられるかどうか。

 4日に行われたボクシングのWBCダブル世界戦。バンタム級王者の山中慎介(33)はリボリオ・ソリスを下し、防衛戦10連勝。ライトフライ級王者の木村悠(32)はガニガン・ロペスに判定で敗れ、初防衛とはならなかった。

 それでも日本人世界王者は8人もいるが、その中で「本物」と呼べる者はそう多くない。ボクシングに関する著書も多いスポーツライターの織田淳太郎氏はこう話す。

「山中、内山(WBAスーパーフェザー級)、井上(WBOスーパーフライ級)の3人は本物ですよ。ボクシングがWBAとWBCの2団体8階級しかなかった時代に生まれても王者になれたでしょう。しかし、現在はIBF、WBOの2団体が加わり、階級も増え続けた結果、17もある。当然、王座の数が増えているので、昔よりも簡単に王者になれる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  3. 3

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  4. 4

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  5. 5

    不正販売で処分の「かんぽ生命」が受け継いだ磯田イズム

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

もっと見る