マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

打点位置が左右にぶれた分だけボールは左右にブレる

公開日: 更新日:

 あそこでダブルボギーを叩かなければ、念願のベストスコアを更新できたのに……。

 ゴルフはミスがつきものだが、避けたいのが1ホールでの大叩き。

 先週の国内女子ツアー、フジサンケイレディスでも、首位をキープしていたアン・ソンジュは最終ホールでまさかのダブルボギーを叩き、1打差で優勝を逃している。

 さて、この1ホールでの大叩き。アマチュアの場合、大叩きを避けるためにやるべきことは、ティーショットでOBや池に打ち込まないこと。ヨーイドンのティーショットでペナルティーをくらってしまうと、その時点でダブルボギー以上が確定してしまうからだ。

■わざと芯を外して打つ

 では、どうすればティーショットでOBや池ポチャを避けられるのか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  7. 7

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  8. 8

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

もっと見る