マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

打点位置が左右にぶれた分だけボールは左右にブレる

公開日:  更新日:

 あそこでダブルボギーを叩かなければ、念願のベストスコアを更新できたのに……。

 ゴルフはミスがつきものだが、避けたいのが1ホールでの大叩き。

 先週の国内女子ツアー、フジサンケイレディスでも、首位をキープしていたアン・ソンジュは最終ホールでまさかのダブルボギーを叩き、1打差で優勝を逃している。

 さて、この1ホールでの大叩き。アマチュアの場合、大叩きを避けるためにやるべきことは、ティーショットでOBや池に打ち込まないこと。ヨーイドンのティーショットでペナルティーをくらってしまうと、その時点でダブルボギー以上が確定してしまうからだ。

■わざと芯を外して打つ

 では、どうすればティーショットでOBや池ポチャを避けられるのか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  7. 7

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    掛布氏と岡田氏は会話せず…阪神OB会に漂った微妙な空気

もっと見る