マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

打点位置が左右にぶれた分だけボールは左右にブレる

公開日: 更新日:

 あそこでダブルボギーを叩かなければ、念願のベストスコアを更新できたのに……。

 ゴルフはミスがつきものだが、避けたいのが1ホールでの大叩き。

 先週の国内女子ツアー、フジサンケイレディスでも、首位をキープしていたアン・ソンジュは最終ホールでまさかのダブルボギーを叩き、1打差で優勝を逃している。

 さて、この1ホールでの大叩き。アマチュアの場合、大叩きを避けるためにやるべきことは、ティーショットでOBや池に打ち込まないこと。ヨーイドンのティーショットでペナルティーをくらってしまうと、その時点でダブルボギー以上が確定してしまうからだ。

■わざと芯を外して打つ

 では、どうすればティーショットでOBや池ポチャを避けられるのか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    ポスト安倍に西村康稔氏が急浮上 支持率急落で主流派焦り

  3. 3

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  4. 4

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  5. 5

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  6. 6

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  7. 7

    木村花さんの死を招きついに打ち切り…「テラハ」の罪と罰

  8. 8

    朝日・産経は過去に賭け麻雀追及 黒川氏“雀友”3人の責任は

  9. 9

    安倍は森友と桜の2大疑惑が同時に司法の手にかかり断末魔

  10. 10

    別居情報を払拭?福山雅治の妻・吹石一恵の幸せ自粛ライフ

もっと見る