3度目リハビリ登板は2失点 ダル完全復活は“変化球”が目安

公開日: 更新日:

 直球の最速は160キロ近くを記録。周囲の不安を払拭するかのように力強さをアピールしているが、復活間近と見るのは早計だ。この手術を受けた投手は変化球の割合と精度が復調の一つのバロメーターになるからだ。

 肘にメスを入れると恐怖心もあり、復帰当初は変化球の割合が極端に減るケースが多い。肘に負担が掛かるため、変化球を自重するためだ。恐怖心は払拭できても、精度がいまひとつだったり、投げていてしっくりこない場合は、実戦で試そうと、逆に変化球の割合を増やす投手もいるという。

 肘にメスを入れても投球スタイルが大幅に変わるわけではない。完全復活の目安は直球と変化球の割合が手術前と同程度になった時とされる。

 ダルはサイ・ヤング賞最終候補3人に残ったメジャー2年目の13年こそ、直球と変化球の比率は約38%と62%だったが、14年は約54%と46%と逆転。メジャー3年間では約45%と55%と大リーグの投手の平均的な割合となっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

  2. 2

    川栄李奈が32歳の俳優と“授かり婚”で…今後の女優人生は?

  3. 3

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  4. 4

    防衛大学校が受験者2250人も激減…蔓延する“いじめ”の実態

  5. 5

    習近平に隠し玉 レアアース禁輸で日本ハイテク産業大打撃

  6. 6

    【日本ダービー】無敗の皐月賞馬サートゥルナーリアに立ちはだかる厚い壁

  7. 7

    安倍政権が企む“年金改悪”のゴールは「80歳」での支給開始

  8. 8

    流出した細川ふみえのキャバ嬢時代写真を巡って直談判に

  9. 9

    立憲が参院東京選挙区で大バクチ 強気“2人擁立”は吉か凶か

  10. 10

    85%が老後に腐心…50代から2000万円貯める40代の資金計画

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る