やはり先発より救援 阪神・藤川が紆余曲折で得た“居場所”

公開日: 更新日:

 行き着いた先はやはり、ここだった。

 18日、阪神は九回に入った時点で1点リード。しかし、抑えのマテオは股関節の違和感で投げられず、前夜代役を務めたドリスも不調。ここでマウンドに上がったのが、かつての守護神、藤川球児(35)だ。

 甲子園の虎党が総立ちになる中、藤川はオール直球で3者凡退。12年の巨人戦以来、4年ぶりとなるセーブを挙げた。

 今季から日本球界に復帰し、先発に転向したものの5試合で1勝2敗、防御率6・12。再調整を兼ねて、当面はリリーフでベンチ入りとなっていた。

 14日には敗戦処理として登板。首脳陣も使いどころに頭を悩ませていた感があったが、ようやく居場所を見つけてやれたのではないか。金本監督は藤川の起用について、「経験に懸けた」と笑顔。

 この日の投球なら勝利の方程式として十分。マテオが再び故障した時も、九回のマウンドを託すことができる。

 MAX148キロを計測した直球は、「まだ鍛えている途中」(藤川)という。この男が輝ける場所は先発より救援だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  2. 2

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  3. 3

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  4. 4

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  5. 5

    復帰のめど立たず 休演を予測させた最後の「海老蔵歌舞伎」

  6. 6

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  7. 7

    戦略的投票で改憲勢力3分の2を阻止 国の命運握る17選挙区

  8. 8

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  9. 9

    元SMAP合流より生き残りを…中居正広ジャニーズ残留の算段

  10. 10

    10月スタート「幼児教育・保育の無償化」は喜んでいいの?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る