やはり先発より救援 阪神・藤川が紆余曲折で得た“居場所”

公開日:  更新日:

 行き着いた先はやはり、ここだった。

 18日、阪神は九回に入った時点で1点リード。しかし、抑えのマテオは股関節の違和感で投げられず、前夜代役を務めたドリスも不調。ここでマウンドに上がったのが、かつての守護神、藤川球児(35)だ。

 甲子園の虎党が総立ちになる中、藤川はオール直球で3者凡退。12年の巨人戦以来、4年ぶりとなるセーブを挙げた。

 今季から日本球界に復帰し、先発に転向したものの5試合で1勝2敗、防御率6・12。再調整を兼ねて、当面はリリーフでベンチ入りとなっていた。

 14日には敗戦処理として登板。首脳陣も使いどころに頭を悩ませていた感があったが、ようやく居場所を見つけてやれたのではないか。金本監督は藤川の起用について、「経験に懸けた」と笑顔。

 この日の投球なら勝利の方程式として十分。マテオが再び故障した時も、九回のマウンドを託すことができる。

 MAX148キロを計測した直球は、「まだ鍛えている途中」(藤川)という。この男が輝ける場所は先発より救援だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る