やはり先発より救援 阪神・藤川が紆余曲折で得た“居場所”

公開日: 更新日:

 行き着いた先はやはり、ここだった。

 18日、阪神は九回に入った時点で1点リード。しかし、抑えのマテオは股関節の違和感で投げられず、前夜代役を務めたドリスも不調。ここでマウンドに上がったのが、かつての守護神、藤川球児(35)だ。

 甲子園の虎党が総立ちになる中、藤川はオール直球で3者凡退。12年の巨人戦以来、4年ぶりとなるセーブを挙げた。

 今季から日本球界に復帰し、先発に転向したものの5試合で1勝2敗、防御率6・12。再調整を兼ねて、当面はリリーフでベンチ入りとなっていた。

 14日には敗戦処理として登板。首脳陣も使いどころに頭を悩ませていた感があったが、ようやく居場所を見つけてやれたのではないか。金本監督は藤川の起用について、「経験に懸けた」と笑顔。

 この日の投球なら勝利の方程式として十分。マテオが再び故障した時も、九回のマウンドを託すことができる。

 MAX148キロを計測した直球は、「まだ鍛えている途中」(藤川)という。この男が輝ける場所は先発より救援だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  2. 2

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  3. 3

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  4. 4

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  5. 5

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

  6. 6

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  7. 7

    “瀬戸大也にモラル”は八百屋に魚 味の素CM削除は自業自得

  8. 8

    8月の自殺者が15%増 コロナで踏ん張るも“心が折れた”恐れ

  9. 9

    中曽根元首相の合同葬 国の“コロナ対策”予算から9600万円

  10. 10

    辞め時は「64歳11カ月」少しでもおトクな退職法をおさらい

もっと見る