負傷の右ヒザは完治ほど遠く…照ノ富士は「綱とり」なぜ焦る

公開日:  更新日:

 8日に初日を迎えた大相撲九州場所。今場所に綱とりがかかる大関・照ノ富士(23)は逸ノ城(22)とのモンゴル対決を制し、まずは1勝を手にした。

 しかし、先場所痛めた右ヒザの靱帯は完治しておらず、動きも鈍い。20秒という長い相撲でヒザに負担がかかったのだろう。土俵を下りる時も一歩一歩、確かめるかのように慎重な足取りだった。

「足の状態が良くない。力が入らない」とは取組後の照ノ富士だ。

 そもそも、今場所の綱とり自体、むちゃを通り越して無謀なのだ。先場所は優勝同点と言えば聞こえはいいものの、12勝止まり。北の湖理事長(元横綱)も「優勝同点でも、13勝と12勝では重みが違う」と、綱とりには否定的な見方をしている。照ノ富士が今場所で昇進を決めるためには、それこそ全勝優勝しか残されていない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る