負傷の右ヒザは完治ほど遠く…照ノ富士は「綱とり」なぜ焦る

公開日: 更新日:

 8日に初日を迎えた大相撲九州場所。今場所に綱とりがかかる大関・照ノ富士(23)は逸ノ城(22)とのモンゴル対決を制し、まずは1勝を手にした。

 しかし、先場所痛めた右ヒザの靱帯は完治しておらず、動きも鈍い。20秒という長い相撲でヒザに負担がかかったのだろう。土俵を下りる時も一歩一歩、確かめるかのように慎重な足取りだった。

「足の状態が良くない。力が入らない」とは取組後の照ノ富士だ。

 そもそも、今場所の綱とり自体、むちゃを通り越して無謀なのだ。先場所は優勝同点と言えば聞こえはいいものの、12勝止まり。北の湖理事長(元横綱)も「優勝同点でも、13勝と12勝では重みが違う」と、綱とりには否定的な見方をしている。照ノ富士が今場所で昇進を決めるためには、それこそ全勝優勝しか残されていない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<上>

  2. 2

    孤独なホームレス男性の最期を看取った女性警官の愛は無償

  3. 3

    N国議席獲得で古谷経衡氏が指摘「常識が溶けていく恐怖」

  4. 4

    8年かけて高校を卒業…同級生の“無音”の拍手に校長も感動

  5. 5

    参議院選挙の最大の敗者は「事実」という深刻な事態

  6. 6

    山本太郎らが試算 消費税ゼロで「賃金44万円アップ」の根拠

  7. 7

    ALS患者の舩後氏当選で 議事堂が迫られる改修と慣習の刷新

  8. 8

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  9. 9

    伊調敗北は“忖度判定”か…代表決定戦で新たな火種が表面化

  10. 10

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る