連勝にも弱音吐く照ノ富士 両ヒザの“爆弾”が綱とり阻む

公開日:  更新日:

 立ち合いで剛腕力士を受け止めてから、攻め手を緩めずに寄り切り。それでも大関・照ノ富士(24)の表情は浮かない。

 大相撲1月場所2日目、怪力で鳴らす栃ノ心とのぶつかり合いを制し、初日から2連勝。支度部屋では「上手を取られたら(栃ノ心は)強い。そうさせないようにした」と話したが、質問が負傷中の両ヒザに及ぶや、途端に顔を曇らせた。

「まだ100%戻ってないけど……先場所よりは良くなっているのは感じている」と言った直後に、「昨日(初日)も危ない相撲だった。全然相撲を取れてない」と、ポツリ。

「怖さ?……まだ、ありますね。前に出て相撲を取っても、ヒザを曲げてない。……ヒザを曲げて相撲を取りたい」と、弱音を吐いた。

 照ノ富士は昨年9月場所中に右ヒザを負傷。前十字靱帯損傷に加えて外側半月板損傷という重傷だったが、綱とりがかかっていたため、翌11月場所を休場せずに強行出場(9勝6敗)。その結果、右ヒザをかばって左ヒザの半月板まで痛めてしまった。今場所からは両ヒザにギプスと見まがうばかりのサポーターを着用。ヒザ上からスネまでカバーでくるむようにサポーターをつけるしぐさは、痛々しいほどだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る