釜本邦茂
著者のコラム一覧
釜本邦茂日本サッカー協会顧問

1944年4月15日生まれ。京都市出身。早稲田大2年で日本代表入り。64年東京五輪に続いて出場した68年メキシコ五輪で得点王を獲得。銅メダル獲得の原動力となった。日本代表Aマッチ76試合75得点(B、Cマッチを含めると231試合153得点)。Jリーグ発足後はG大阪初代監督。98年に日本サッカー協会副会長。95年から参議院議員を務めた。

手倉森ジャパンに足りないのは「ゴールに放り込む」感覚

公開日:  更新日:

 日本五輪代表(23歳以下)が参戦していたトゥーロン国際大会は、決勝(現地時間29日)でイングランドが、フランスを2-1で下して優勝した。

 日本は1次リーグB組で1勝3敗(得点3・失点5)の4位に終わった。

 負けた3試合はすべて1点差負けということもあり、監督もコーチも選手も「勝てない試合ではなかった」と思っているようだが、試合内容を振り返ると手倉森ジャパンの抱えている問題点がくっきりと浮かび上がる。「決定的な仕事ができるFWがいない」「攻撃陣がシュートを打っても決め切れない」「局面に応じて緩急をつける選手が見当たらない」――。

 トゥーロンでは富樫(横浜M)、オナイウ(千葉)、浅野(広島)、鎌田(鳥栖)のFW陣にMF登録の南野(ザルツブルク)、野津田(新潟)、矢島(岡山)らの得点が期待された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る