• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
釜本邦茂
著者のコラム一覧
釜本邦茂日本サッカー協会顧問

1944年4月15日生まれ。京都市出身。早稲田大2年で日本代表入り。64年東京五輪に続いて出場した68年メキシコ五輪で得点王を獲得。銅メダル獲得の原動力となった。日本代表Aマッチ76試合75得点(B、Cマッチを含めると231試合153得点)。Jリーグ発足後はG大阪初代監督。98年に日本サッカー協会副会長。95年から参議院議員を務めた。

手倉森ジャパンに足りないのは「ゴールに放り込む」感覚

 日本五輪代表(23歳以下)が参戦していたトゥーロン国際大会は、決勝(現地時間29日)でイングランドが、フランスを2-1で下して優勝した。

 日本は1次リーグB組で1勝3敗(得点3・失点5)の4位に終わった。

 負けた3試合はすべて1点差負けということもあり、監督もコーチも選手も「勝てない試合ではなかった」と思っているようだが、試合内容を振り返ると手倉森ジャパンの抱えている問題点がくっきりと浮かび上がる。「決定的な仕事ができるFWがいない」「攻撃陣がシュートを打っても決め切れない」「局面に応じて緩急をつける選手が見当たらない」――。

 トゥーロンでは富樫(横浜M)、オナイウ(千葉)、浅野(広島)、鎌田(鳥栖)のFW陣にMF登録の南野(ザルツブルク)、野津田(新潟)、矢島(岡山)らの得点が期待された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  7. 7

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  8. 8

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  9. 9

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  10. 10

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

もっと見る