トゥーロン国際1次L敗退 手倉森ジャパンに「3つの問題」

公開日:  更新日:

 フランス・トゥーロン国際大会で日本五輪代表(23歳以下)が、日本時間26日午前0時15分キックオフの3戦目ギニア戦で初勝利を飾った。

 1次リーグB組の中でギニアは「明らかに実力の劣るチーム。3連敗の後の日本戦は、勝負にこだわって堅守速攻に徹するのではなく、選手個人の良さを出そうとしてオープンな戦いを仕掛けてきた」(元サッカーダイジェスト誌編集長・六川亨氏)。緩いプレスに日本選手は伸び伸びとプレーし、中でも開始直後の先制点は見事だった。

 前半3分、左SB三丸(22=鳥栖)のクロスに走り込んだFW富樫(22=横浜M)が、ジャンピングボレーシュートでゴールに叩き込んだのだ。

 もっとも、10分に右SBで先発したVウェルメスケルケン際(21=ドルトレヒト)の判断ミスから同点に追い付かれ、2―1で迎えた後半に立て続けに選手を交代させると攻守の連係が崩れ、シュートもロクに打てないままに試合終了である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

もっと見る