トゥーロン国際1次L敗退 手倉森ジャパンに「3つの問題」

公開日: 更新日:

 フランス・トゥーロン国際大会で日本五輪代表(23歳以下)が、日本時間26日午前0時15分キックオフの3戦目ギニア戦で初勝利を飾った。

 1次リーグB組の中でギニアは「明らかに実力の劣るチーム。3連敗の後の日本戦は、勝負にこだわって堅守速攻に徹するのではなく、選手個人の良さを出そうとしてオープンな戦いを仕掛けてきた」(元サッカーダイジェスト誌編集長・六川亨氏)。緩いプレスに日本選手は伸び伸びとプレーし、中でも開始直後の先制点は見事だった。

 前半3分、左SB三丸(22=鳥栖)のクロスに走り込んだFW富樫(22=横浜M)が、ジャンピングボレーシュートでゴールに叩き込んだのだ。

 もっとも、10分に右SBで先発したVウェルメスケルケン際(21=ドルトレヒト)の判断ミスから同点に追い付かれ、2―1で迎えた後半に立て続けに選手を交代させると攻守の連係が崩れ、シュートもロクに打てないままに試合終了である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  2. 2

    ジャニー氏救急搬送で“長男”の役目を放棄したマッチの今後

  3. 3

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  4. 4

    父と慕ったジャニー氏死去 TOKIOリーダー城島茂はどうなる

  5. 5

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  6. 6

    「主戦場」デザキ監督 右派の一貫性のなさを見せたかった

  7. 7

    G岡本とカープ誠也…悩める4番が球宴で交わした会話の中身

  8. 8

    攻める「新しい地図」 破天荒アイドルBiSHと共演の皮算用

  9. 9

    フレッシュ球宴“高卒BIG4”再会で根尾が感じた「プロの壁」

  10. 10

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る