有村智恵の米撤退表明に「宮里藍も日本に戻るべき」の声

公開日: 更新日:

 宮里藍(30)が7月に行われる全米女子オープン(7~10日)の地区予選会に出場したが、プレーオフで敗れ、上位3人に与えられる本大会の出場権を逃した。

 宮里にとって、全米女子オープンはアマ時代から優勝を目標に掲げている特別な大会。2014年まで10年連続で出場を果たし、09年、11年には6位に入ったものの、それ以降成績が低迷。昨年に引き続き、2年連続で大会出場は難しくなった。

 そもそも米ツアーを主戦場にしながら、最大のイベントである全米女子オープンに出場できなければ、それこそ米参戦の意味がない。冠大会も4年も勝っていない。力の衰えは明らかだ。世界ランク上位を見ても1位L・コ(19=ニュージーランド)はじめ、同3位L・トンプソン(21=米国)、同6位B・ヘンダーソン(18=カナダ)、同7位チョン・インジ(21=韓国)など若手が台頭。米女子ツアーは急速に世代交代が進んでいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  2. 2

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  3. 3

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  6. 6

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  7. 7

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  8. 8

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  9. 9

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  10. 10

    <後>天敵・菅首相の「デジタル庁」に完敗した小池都知事

もっと見る