• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

リオ女子バスケ代表エース渡嘉敷に“ぶっつけ本番”の不安

 04年アテネ大会以来、3大会ぶりの出場を決めた女子バスケットボールが昨6日、リオ五輪代表メンバー12人を発表。ポイントガード=PG吉田亜沙美(28)、3ポイントシューターでスモールフォワード=SF栗原三佳(27)の他、米プロリーグWNBAシアトル・ストームのパワーフォワード=PF渡嘉敷来夢(24)らが選ばれた。

 スポーツマスコミによれば、今回の代表は史上最強だという。主将の吉田は「メダルへの挑戦をスローガンに日本らしいプレーを見せ、ファンに感動や勇気を与えたい」と目標を口にしたが、気になるのがエースの状態だ。今回の代表メンバーで唯一の世界規格である渡嘉敷(193センチ)がWNBAの日程の都合上(7月22日リーグ戦中断)、リオ開幕直前までチームに合流できない。7月17日から24日までのアルゼンチン・ブエノスアイレスでの強化合宿には間に合わず、同25日から予定されるブラジル・サンパウロ合宿から加わる見込みなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  5. 5

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  8. 8

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

もっと見る