日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

リオ女子バスケ代表エース渡嘉敷に“ぶっつけ本番”の不安

 04年アテネ大会以来、3大会ぶりの出場を決めた女子バスケットボールが昨6日、リオ五輪代表メンバー12人を発表。ポイントガード=PG吉田亜沙美(28)、3ポイントシューターでスモールフォワード=SF栗原三佳(27)の他、米プロリーグWNBAシアトル・ストームのパワーフォワード=PF渡嘉敷来夢(24)らが選ばれた。

 スポーツマスコミによれば、今回の代表は史上最強だという。主将の吉田は「メダルへの挑戦をスローガンに日本らしいプレーを見せ、ファンに感動や勇気を与えたい」と目標を口にしたが、気になるのがエースの状態だ。今回の代表メンバーで唯一の世界規格である渡嘉敷(193センチ)がWNBAの日程の都合上(7月22日リーグ戦中断)、リオ開幕直前までチームに合流できない。7月17日から24日までのアルゼンチン・ブエノスアイレスでの強化合宿には間に合わず、同25日から予定されるブラジル・サンパウロ合宿から加わる見込みなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事