明大が大学選手権で初戦敗退 ドラ1候補エース柳で勝てず

公開日:  更新日:

 35年ぶりの優勝を狙ったシード校の明大が、まさかの初戦敗退だ。

 先発の斉藤は関西国際大打線を相手に6回無失点と試合をつくったものの、打線の援護がなく七回からはドラフト1位候補のエース・柳裕也(4年・横浜)がマウンドへ。3イニングをピシャリと抑えるも、味方打線はここでも沈黙。結局四回から九回まで無安打だった。

 両チーム無得点のまま延長戦へ突入。1死満塁から始まるタイブレークでは、頼みの柳がカーブをレフト線に落とされ、さらに内野ゴロで2点を失った。その裏1点を返すも、走塁ミスなどで及ばなかった。善波監督が「野球になっていない」と言えば、主将でもある柳は「1本出してはいけないところで、出してしまった。東京六大学の代表として申し訳ない気持ち」とうなだれた。

 春季リーグには、広島、阪神など、複数球団のスカウトが柳を視察。140キロ超の切れのあるストレートとスライダーを絶賛していた。この日の敗戦で評価が下がるわけではないが、野球選手は勝ち運も大事。1学年先輩の高山は、4年時に春秋とリーグ優勝を逃し、05年以来優勝から遠ざかっている阪神に入った。柳はどこの球団から指名されるか……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  9. 9

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  10. 10

    掛布氏と岡田氏は会話せず…阪神OB会に漂った微妙な空気

もっと見る