• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

明大が大学選手権で初戦敗退 ドラ1候補エース柳で勝てず

 35年ぶりの優勝を狙ったシード校の明大が、まさかの初戦敗退だ。

 先発の斉藤は関西国際大打線を相手に6回無失点と試合をつくったものの、打線の援護がなく七回からはドラフト1位候補のエース・柳裕也(4年・横浜)がマウンドへ。3イニングをピシャリと抑えるも、味方打線はここでも沈黙。結局四回から九回まで無安打だった。

 両チーム無得点のまま延長戦へ突入。1死満塁から始まるタイブレークでは、頼みの柳がカーブをレフト線に落とされ、さらに内野ゴロで2点を失った。その裏1点を返すも、走塁ミスなどで及ばなかった。善波監督が「野球になっていない」と言えば、主将でもある柳は「1本出してはいけないところで、出してしまった。東京六大学の代表として申し訳ない気持ち」とうなだれた。

 春季リーグには、広島、阪神など、複数球団のスカウトが柳を視察。140キロ超の切れのあるストレートとスライダーを絶賛していた。この日の敗戦で評価が下がるわけではないが、野球選手は勝ち運も大事。1学年先輩の高山は、4年時に春秋とリーグ優勝を逃し、05年以来優勝から遠ざかっている阪神に入った。柳はどこの球団から指名されるか……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  4. 4

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  5. 5

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  6. 6

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  7. 7

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  8. 8

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  9. 9

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

  10. 10

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

もっと見る