明大が大学選手権で初戦敗退 ドラ1候補エース柳で勝てず

公開日: 更新日:

 35年ぶりの優勝を狙ったシード校の明大が、まさかの初戦敗退だ。

 先発の斉藤は関西国際大打線を相手に6回無失点と試合をつくったものの、打線の援護がなく七回からはドラフト1位候補のエース・柳裕也(4年・横浜)がマウンドへ。3イニングをピシャリと抑えるも、味方打線はここでも沈黙。結局四回から九回まで無安打だった。

 両チーム無得点のまま延長戦へ突入。1死満塁から始まるタイブレークでは、頼みの柳がカーブをレフト線に落とされ、さらに内野ゴロで2点を失った。その裏1点を返すも、走塁ミスなどで及ばなかった。善波監督が「野球になっていない」と言えば、主将でもある柳は「1本出してはいけないところで、出してしまった。東京六大学の代表として申し訳ない気持ち」とうなだれた。

 春季リーグには、広島、阪神など、複数球団のスカウトが柳を視察。140キロ超の切れのあるストレートとスライダーを絶賛していた。この日の敗戦で評価が下がるわけではないが、野球選手は勝ち運も大事。1学年先輩の高山は、4年時に春秋とリーグ優勝を逃し、05年以来優勝から遠ざかっている阪神に入った。柳はどこの球団から指名されるか……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  6. 6

    ロケット団・三浦昌朗が明かす「死ぬしかない」と涙した夜

  7. 7

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  8. 8

    初版1万7000部も実売は…河野景子の“暴露本”売れてるの?

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

もっと見る