日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ボルト金メダル剥奪危機 五輪リレーメンバーが薬物違反

 世界最速男がメダル剥奪のピンチだ。

 陸上男子100メートル(9秒58)、200メートル(19秒19)の世界記録保持者のウサイン・ボルト(29=ジャマイカ)が北京五輪で獲得した4×100メートルリレーの金メダルを同僚選手のドーピング違反で返還することになりそうだ。

 薬物検査で陽性反応を示したネスタ・カーター(30)に国際陸上連盟(IAAF)から正式に処分が下れば、北京での順位抹消、メダル返還はもちろん、スポンサー、ジャマイカ政府から得た賞金約3000万円も没収されかねない。

 問題のカーターはロンドン五輪でも同種目でジャマイカチームの一員として走り、北京(37秒10)、ロンドン(36秒84)とも世界記録を塗り替えて連覇を達成した。ロンドンでのドーピング違反は確認されていないものの、こっちの金メダルも怪しい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事