リオに望みも…シャラポワ“スポンサー離れ”で損失122億円

公開日:  更新日:

 ドーピング違反で資格停止処分を受けている女子テニスのマリア・シャラポワ(29)。

 25日(現地時間)にタス通信が報じたところによれば、ロシア・テニス連盟はシャラポワをリオ五輪代表に選出する方針だという。

 国際テニス連盟(ITF)によるシャラポワへの正式処分は6月6日に下され、出場停止が解除されなければ、ランキング下位のダリア・カサキナ(19)と交代するとしている。

 シャラポワは今年1月の全豪オープンで受けたドーピング検査で陽性反応を示したと告白して以来、スポンサー離れが相次いだ。

 スポーツ用品、自動車メーカーなど複数の世界的企業がスポンサー契約を一時的に停止したり、契約更新を見送るなどした。

 今後の処分次第では大口スポンサーを失う可能性もある。英紙「ザ・サン」によれば、スポンサー契約が全て解除されると、シャラポワの損失は1億ユーロ(約122億円)にも上るという。

 シャラポワの命運はITFの裁定にもかかっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る