リオに望みも…シャラポワ“スポンサー離れ”で損失122億円

公開日: 更新日:

 ドーピング違反で資格停止処分を受けている女子テニスマリア・シャラポワ(29)。

 25日(現地時間)にタス通信が報じたところによれば、ロシア・テニス連盟はシャラポワをリオ五輪代表に選出する方針だという。

 国際テニス連盟(ITF)によるシャラポワへの正式処分は6月6日に下され、出場停止が解除されなければ、ランキング下位のダリア・カサキナ(19)と交代するとしている。

 シャラポワは今年1月の全豪オープンで受けたドーピング検査で陽性反応を示したと告白して以来、スポンサー離れが相次いだ。

 スポーツ用品、自動車メーカーなど複数の世界的企業がスポンサー契約を一時的に停止したり、契約更新を見送るなどした。

 今後の処分次第では大口スポンサーを失う可能性もある。英紙「ザ・サン」によれば、スポンサー契約が全て解除されると、シャラポワの損失は1億ユーロ(約122億円)にも上るという。

 シャラポワの命運はITFの裁定にもかかっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  2. 2

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  3. 3

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  6. 6

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  7. 7

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  8. 8

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  9. 9

    <後>天敵・菅首相の「デジタル庁」に完敗した小池都知事

  10. 10

    バイきんぐ西村瑞樹さんが告白「サイテーな恋愛」の数々

もっと見る