日本にプラス? 薬物疑惑でロシア「リオ不参加」の可能性

公開日: 更新日:

 「追い風」となるか。

 陸上界における組織的なドーピングが発覚したロシアのドーピング検査機関の所長だったグリゴリー・ロドチェンコフ氏が12日、米メディアに組織的な検査の不正を告発した。

 すでにロシア陸連は国際陸連から資格停止処分を受けているため、ロシアの陸上選手のリオ五輪参加はさらに厳しくなった。ロシア選手のリオ参加の可否は、6月17日に行われる国際陸連の理事会で正式に決まるが、この国では陸上以外の競技でも不正が疑われている。

 世界反ドーピング機関(WADA)の理事の中には、「他の競技の選手もシロであると証明できなければ、すべてのロシア選手の五輪参加を許すべきではない」という声もある。

 ロシアは前回のロンドン五輪で、金24、銀26、銅32の計82個のメダルを獲得している。金を取った男子柔道(3個)、男子レスリング(3個=グレコローマンとフリー)、女子レスリング(1個)、シンクロのデュエットと団体などは、日本のライバル競技だけに「ロシア不参加」を熱望する選手もいるはずだ。

 もちろん、ロシア選手が欠場してもメダルが取れるとは限らないが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    古谷経衡さんが憂う有権者の劣化 日本の知性の底が抜けた

  2. 2

    故・田宮二郎氏長男 柴田光太郎さん「心臓手術で命を…」

  3. 3

    横浜の誘致表明で…米カジノ最大手が大阪から撤退の衝撃

  4. 4

    視聴率低迷のNHK大河「いだてん」には致命的な見落としが

  5. 5

    横浜市IR誘致表明で始まる“菅長官vsヤクザ”の仁義なき戦い

  6. 6

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  7. 7

    G岩隈 ようやく二軍の実戦初登板でも“来季現役続行”のワケ

  8. 8

    「カジノではなくF1とディズニーを」“ハマのドン”が激怒

  9. 9

    水野美紀は新悪女王「奪い愛、夏」で見せる菜々緒との違い

  10. 10

    「特撰すきやき重」完売 吉野家の株主還元は年8000円相当

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る