日本にプラス? 薬物疑惑でロシア「リオ不参加」の可能性

公開日: 更新日:

 「追い風」となるか。

 陸上界における組織的なドーピングが発覚したロシアのドーピング検査機関の所長だったグリゴリー・ロドチェンコフ氏が12日、米メディアに組織的な検査の不正を告発した。

 すでにロシア陸連は国際陸連から資格停止処分を受けているため、ロシアの陸上選手のリオ五輪参加はさらに厳しくなった。ロシア選手のリオ参加の可否は、6月17日に行われる国際陸連の理事会で正式に決まるが、この国では陸上以外の競技でも不正が疑われている。

 世界反ドーピング機関(WADA)の理事の中には、「他の競技の選手もシロであると証明できなければ、すべてのロシア選手の五輪参加を許すべきではない」という声もある。

 ロシアは前回のロンドン五輪で、金24、銀26、銅32の計82個のメダルを獲得している。金を取った男子柔道(3個)、男子レスリング(3個=グレコローマンとフリー)、女子レスリング(1個)、シンクロのデュエットと団体などは、日本のライバル競技だけに「ロシア不参加」を熱望する選手もいるはずだ。

 もちろん、ロシア選手が欠場してもメダルが取れるとは限らないが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

  2. 2

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  4. 4

    菅首相が仕掛ける“野党殲滅”解散…年内なら歴史的勝利か

  5. 5

    菅首相「テルテル外交」相手にされず…米豪政府は“塩対応”

  6. 6

    関ジャニ大倉が濃厚演技 ジャニーズ“脱アイドル化”の兆し

  7. 7

    競泳・瀬戸大也に不倫認めスポンサー激震…夫婦でCM出演

  8. 8

    岸防衛相は「初心者」 ゴッドマザー案件で初入閣した経緯

  9. 9

    菅一族は「地元エリート」 だった 叔父は東北電力の支店長

  10. 10

    巨人菅野「最多勝」で有終の美も…唯一の心残りは“古女房”

もっと見る