• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日本にプラス? 薬物疑惑でロシア「リオ不参加」の可能性

 「追い風」となるか。

 陸上界における組織的なドーピングが発覚したロシアのドーピング検査機関の所長だったグリゴリー・ロドチェンコフ氏が12日、米メディアに組織的な検査の不正を告発した。

 すでにロシア陸連は国際陸連から資格停止処分を受けているため、ロシアの陸上選手のリオ五輪参加はさらに厳しくなった。ロシア選手のリオ参加の可否は、6月17日に行われる国際陸連の理事会で正式に決まるが、この国では陸上以外の競技でも不正が疑われている。

 世界反ドーピング機関(WADA)の理事の中には、「他の競技の選手もシロであると証明できなければ、すべてのロシア選手の五輪参加を許すべきではない」という声もある。

 ロシアは前回のロンドン五輪で、金24、銀26、銅32の計82個のメダルを獲得している。金を取った男子柔道(3個)、男子レスリング(3個=グレコローマンとフリー)、女子レスリング(1個)、シンクロのデュエットと団体などは、日本のライバル競技だけに「ロシア不参加」を熱望する選手もいるはずだ。

 もちろん、ロシア選手が欠場してもメダルが取れるとは限らないが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    内閣府の仰天“解釈” 「加計は利害関係者にあらず」の詭弁

  4. 4

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  5. 5

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  6. 6

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  9. 9

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  10. 10

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

もっと見る