• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ドーピングで資格停止のロシア選手会 リオ直訴の悪あがき

 組織的ドーピングで揺れるロシアの陸上選手を巡って同国オリンピック委員会の選手委員会が15日(日本時間16日)、国際オリンピック委員会(IOC)にリオ五輪への出場を直訴した。

 ロシアメディアなどの報道によれば、書簡は元シンクロナイズド・スイミング代表のオルガ・ブルスニキナ選手委員会委員長を筆頭に13人の連名で送付。「過去のドーピング検査で陽性反応を示さなかった選手のリオ五輪への出場を認めてほしい」と要望したという。

 ロシアの陸上選手の出場可否を巡っては、IOCのトーマス・バッハ会長が「国際陸連(IAAF)の判断を待ちたい」と態度を保留している。そのIAAFは17日に理事会を開いて、ロシア陸連への処遇を決める方針。昨年11月に科した資格停止が解除されなければ、ロシア選手はリオ五輪の陸上に出場できない。

 書簡では「清廉潔白な選手にまで処分を科すのは不当」と訴えているが、08年北京五輪で採取した検体を再検査した結果、新たにロシア選手の違反が2件発覚したばかり。ドーピングが蔓延するロシアのスポーツ界に「清廉潔白」な選手がどれだけいるのか疑わしい限りだが。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  3. 3

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  4. 4

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    “塚原派”にも追い込まれ…コーチ不在の宮川紗江に引退危機

  7. 7

    トップ3は韓国勢でも LPGAは主催者に放映権を要求するのか

  8. 8

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

  9. 9

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  10. 10

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

もっと見る