ドーピングで資格停止のロシア選手会 リオ直訴の悪あがき

公開日: 更新日:

 組織的ドーピングで揺れるロシアの陸上選手を巡って同国オリンピック委員会の選手委員会が15日(日本時間16日)、国際オリンピック委員会(IOC)にリオ五輪への出場を直訴した。

 ロシアメディアなどの報道によれば、書簡は元シンクロナイズド・スイミング代表のオルガ・ブルスニキナ選手委員会委員長を筆頭に13人の連名で送付。「過去のドーピング検査で陽性反応を示さなかった選手のリオ五輪への出場を認めてほしい」と要望したという。

 ロシアの陸上選手の出場可否を巡っては、IOCのトーマス・バッハ会長が「国際陸連(IAAF)の判断を待ちたい」と態度を保留している。そのIAAFは17日に理事会を開いて、ロシア陸連への処遇を決める方針。昨年11月に科した資格停止が解除されなければ、ロシア選手はリオ五輪の陸上に出場できない。

 書簡では「清廉潔白な選手にまで処分を科すのは不当」と訴えているが、08年北京五輪で採取した検体を再検査した結果、新たにロシア選手の違反が2件発覚したばかり。ドーピングが蔓延するロシアのスポーツ界に「清廉潔白」な選手がどれだけいるのか疑わしい限りだが。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  2. 2

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  3. 3

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  4. 4

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  5. 5

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  6. 6

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  7. 7

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  8. 8

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  9. 9

    朝ドラで存在感 元乃木坂46深川麻衣は女優で大成できるか

  10. 10

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

もっと見る