• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ジーコ日本“幻の9番” 久保竜彦は広島でストライカー養成

 これまでサッカー日本代表には、強烈な印象を残す選手が多くいた。ジーコ・ジャパン時代の“ドラゴン”久保竜彦選手(40)もそうしたひとりだ。今どうしているのか――。

■現役時代に残した数々の“伝説”

 まさか「取材OK!」とは思っていなかった。久保さんは“極端な人見知り”の印象が強かったからだ。

「知らない人と話すのは苦手だったし、福岡訛り(福岡・筑前町出身)を聞かれるのも恥ずかしかった。正直、誰としゃべるのもイヤだった時期もありました。でも、このトシになって、それでは世間に通用せんでしょう。今では誰ともフツーに話しますよ」

 広島市内の居酒屋で会った久保さん、こういって苦笑いを浮かべた。背中を丸めてボソボソッと話す様子はイメージのまんま。しかし、ビールの杯を重ねるにつれ、口は滑らかになってきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  6. 6

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る