ジーコ日本“幻の9番” 久保竜彦は広島でストライカー養成

公開日:  更新日:

 これまでサッカー日本代表には、強烈な印象を残す選手が多くいた。ジーコ・ジャパン時代の“ドラゴン”久保竜彦選手(40)もそうしたひとりだ。今どうしているのか――。

■現役時代に残した数々の“伝説”

 まさか「取材OK!」とは思っていなかった。久保さんは“極端な人見知り”の印象が強かったからだ。

「知らない人と話すのは苦手だったし、福岡訛り(福岡・筑前町出身)を聞かれるのも恥ずかしかった。正直、誰としゃべるのもイヤだった時期もありました。でも、このトシになって、それでは世間に通用せんでしょう。今では誰ともフツーに話しますよ」

 広島市内の居酒屋で会った久保さん、こういって苦笑いを浮かべた。背中を丸めてボソボソッと話す様子はイメージのまんま。しかし、ビールの杯を重ねるにつれ、口は滑らかになってきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る