EURO台風の目ウェールズ 戦術徹底でB組首位通過の大躍進

公開日:  更新日:

 強豪イングランドと同居したグループリーグB組を首位通過のウェールズ。躍進を遂げた秘訣は「ユーロ予選からストロングポイントを徹底して貫いている」(元サッカーダイジェスト誌編集長・六川亨氏)からだ。

 ロシア戦(同21日午前4時キックオフ)の前半11分、20分にゴールを決めたウェールズは、先制ゴールを決めたアーセナルMFラムジーが後半22分、右足アウトで左サイドにラストパス。待ち受けたレアル・マドリードFWベイルが、GKの動きを見ながら左足アウトで技ありシュート。ロシアにトドメを刺した。

「ユーロ予選10試合でウェールズは計11得点。7得点・2アシストのベイルが、絶対的中心選手として働いた。守ってはDF陣が10試合計4失点と堅牢さを発揮。この堅く守ってベイルが攻撃を差配する――という戦い方をウェールズは本大会でも忠実に遂行し、グループリーグ首位通過として結実した」(六川氏)

 58年スウェーデンW杯以来、実に58年ぶりのメジャー国際大会で台風の目となっている――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  3. 3

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る