クロアチアに逆転負けでD組2位…スペイン3連覇に黄信号

公開日: 更新日:

 08年、12年の欧州選手権(ユーロ)の覇者スペインは、04年大会でポルトガルに0―1で負けて以来、14試合無敗記録を続けていた。一体どの国がスペインに土をつけるのか? それは日本時間22日午前4時にキックオフされたグループリーグD組3戦目の相手となったクロアチアだった。

 前半7分、スペインのパスサッカーに翻弄されて失点したクロアチアだが、前半終了間際にFWカリニッチが右足アウトサイドでワザありゴール。同点に追い付いた。

 後半は試合の流れがクロアチアに傾き、スペイン選手の表情に疲労の色がにじむようになった。70分、スペインDFラモスがPK失敗。危機を脱したクロアチア選手は活気づき、87分に一気のカウンターからFWペリシッチが決勝弾! 劇的逆転劇でクロアチアはD組の首位通過を決めた。

「スペインは負けるとD組2位となり、決勝トーナメント1回戦でイタリアと顔を合わせる。それを避けるために前節トルコ戦と同じ先発メンバーで臨み、堅実に勝とうとした。一方のクロアチアは前節チェコ戦から先発を5人入れ替え、これが奏功した。序盤こそ連係ミスも見られたが、時間の経過とともにコンビネーションが良化していって、強豪スペインと互角以上の戦いが出来るようになった」(現地で取材中のサッカージャーナリスト・元川悦子氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  4. 4

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  5. 5

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  6. 6

    マリエは今だから枕営業の実態告発 “海外の目”援軍なるか

  7. 7

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  10. 10

    ワクチン後進国の日本が“変異株リスク”…米外交専門誌が警鐘

もっと見る