アイルランドに“らしい戦い” 負けイタリアにダメージなし

公開日:  更新日:

 ユーロ2試合を消化した段階でグループリーグの首位通過を決めたイタリア。日本時間23日午前4時キックオフのアイルランド戦は、前節スウェーデン戦から先発を9人入れ替えて主力を温存した。決勝トーナメント1回戦でスペインとの対戦を控えているからだ。

 一方、2試合で勝ち点1にとどまったアイルランドは勝たないとグループリーグ敗退となる。試合展開は戦前の予想通り。攻め続けるアイルランドと“負けてもダメージなし”のイタリアという図式である。

 0─0のまま試合は経過し、スコアレスドローの気配が漂い始めた85分だった。右からのクロスをMFブレイディが値千金のヘディングシュートを決め、チームをユーロ初の決勝トーナメントに導いた。元サッカーダイジェスト誌編集長の六川亨氏がこう言う。

「実に“イタリアらしい戦いぶり”でした。この日の勝利とユーロ3連覇を狙っているスペイン戦の勝利のどちらを優先すべきか? に対して非常に現実的な判断=サブ組を投入して主力に休息を与えることにしたわけです。イタリア・コンテ監督は極めて妥当なジャッジを下したと思います」

 注目のイタリア─スペイン戦は、日本時間28日午前1時キックオフだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る