アイルランドに“らしい戦い” 負けイタリアにダメージなし

公開日: 更新日:

 ユーロ2試合を消化した段階でグループリーグの首位通過を決めたイタリア。日本時間23日午前4時キックオフのアイルランド戦は、前節スウェーデン戦から先発を9人入れ替えて主力を温存した。決勝トーナメント1回戦でスペインとの対戦を控えているからだ。

 一方、2試合で勝ち点1にとどまったアイルランドは勝たないとグループリーグ敗退となる。試合展開は戦前の予想通り。攻め続けるアイルランドと“負けてもダメージなし”のイタリアという図式である。

 0─0のまま試合は経過し、スコアレスドローの気配が漂い始めた85分だった。右からのクロスをMFブレイディが値千金のヘディングシュートを決め、チームをユーロ初の決勝トーナメントに導いた。元サッカーダイジェスト誌編集長の六川亨氏がこう言う。

「実に“イタリアらしい戦いぶり”でした。この日の勝利とユーロ3連覇を狙っているスペイン戦の勝利のどちらを優先すべきか? に対して非常に現実的な判断=サブ組を投入して主力に休息を与えることにしたわけです。イタリア・コンテ監督は極めて妥当なジャッジを下したと思います」

 注目のイタリア─スペイン戦は、日本時間28日午前1時キックオフだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る