ハンガリー戦で2ゴール C・ロナウドの覚醒は本物か?

公開日:  更新日:

 フランスで開催中の欧州選手権(ユーロ)の初戦、2戦目と不発だったポルトガル代表のFWクリスティアーノ・ロナウドが、3戦目のハンガリー戦(日本時間23日午前4時キックオフ)で2ゴール。決勝トーナメント進出の原動力となった。

 2試合連続ドローで最低でも「引き分け」ないとグループリーグ敗退となるポルトガル。

 1─2で迎えた後半5分、右からのクロスをクリロナが右足インサイドでゴール左サイドネットに流し込み、ワザあり弾で同点に追い付いた。

 2─3となって同17分には、左からのクロスを美しい空中姿勢で強烈ヘッド! エースFWの2発が、波に乗り切れないチームを救った。

「今大会はハンガリー戦の前半まで“クリロナらしからぬプレー”の連続でしたが、後半の45分間で決勝トーナメントに進出できるか、それとも今大会最後の試合になるのか、土壇場に立ってからの集中力やゴールへの執着心は、スタンドの記者席まで強烈に伝わってきました。1点目、2点目ともに良質のゴールを決めたクリロナは今後、上昇機運に乗って大会を盛り上げてくれることでしょう」(現地で取材をしているサッカージャーナリスト・元川悦子氏)

 クリロナはユーロ初出場の04年大会、08年、12年とゴールを決め、ハンガリー戦で史上初のユーロ4大会連続ゴール男となった。ついに千両役者が覚醒した――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る