• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ハンガリー戦で2ゴール C・ロナウドの覚醒は本物か?

 フランスで開催中の欧州選手権(ユーロ)の初戦、2戦目と不発だったポルトガル代表のFWクリスティアーノ・ロナウドが、3戦目のハンガリー戦(日本時間23日午前4時キックオフ)で2ゴール。決勝トーナメント進出の原動力となった。

 2試合連続ドローで最低でも「引き分け」ないとグループリーグ敗退となるポルトガル。

 1─2で迎えた後半5分、右からのクロスをクリロナが右足インサイドでゴール左サイドネットに流し込み、ワザあり弾で同点に追い付いた。

 2─3となって同17分には、左からのクロスを美しい空中姿勢で強烈ヘッド! エースFWの2発が、波に乗り切れないチームを救った。

「今大会はハンガリー戦の前半まで“クリロナらしからぬプレー”の連続でしたが、後半の45分間で決勝トーナメントに進出できるか、それとも今大会最後の試合になるのか、土壇場に立ってからの集中力やゴールへの執着心は、スタンドの記者席まで強烈に伝わってきました。1点目、2点目ともに良質のゴールを決めたクリロナは今後、上昇機運に乗って大会を盛り上げてくれることでしょう」(現地で取材をしているサッカージャーナリスト・元川悦子氏)

 クリロナはユーロ初出場の04年大会、08年、12年とゴールを決め、ハンガリー戦で史上初のユーロ4大会連続ゴール男となった。ついに千両役者が覚醒した――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  6. 6

    頭を切断されて10分後にガブリ!ガラガラヘビ驚異の生命力

  7. 7

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    蘇る4年前…ブラジルに王国の焦りとネイマール潰しの恐怖

もっと見る