日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
橋本清
著者のコラム一覧
橋本清野球評論家

1969年5月22日、大阪府摂津市生まれ。PL学園から87年のドラフト1位で巨人に入団。高校3年時には立浪、片岡らとともに甲子園で春夏連覇を達成。巨人では主にセットアッパーとして活躍。93、94年には2年連続で52試合に登板し、当時の長嶋監督が命名した「勝利の方程式」の一翼を担った。01年にダイエーに移籍し、同年に現役を引退。プロ14年で通算134試合に登板して9勝12敗8セーブ。各球団に幅広い人脈を誇る。

赤ヘル打線再生 石井打撃Cが繰り返すシンプルな言葉とは

 広島打線が変貌を遂げました。

 7日の日本ハム戦は3-2で逆転勝利。1点ビハインドで迎えた三回に1番の田中から菊池、丸の3連打で同点に追いつくと、五回に田中のソロ本塁打で試合をひっくり返し、八回の新井の一発で試合を決めました。パ防御率1位の有原に土をつけた赤ヘル打線、本物です。

 ここまでチーム打率.268、288得点、59本塁打はいずれもリーグトップ。貧打に泣き、4位に終わった昨年のチーム打率がリーグのワースト2位の.246でしたから、別のチームのようです。

 現在、セの首位に立つ「赤ヘル打線」になにがあったのか。

 今季、守備走塁部門から打撃担当に配置転換となった石井コーチに聞きました。

「技術的な指導、アドバイスとかは正直、ほとんどしていません。ここ(一軍)は戦う場所であり、その力のある選手がいる場所ですから。やることをやって、自信を持って打席に入ろう、と。言っていることは、それだけですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事