日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は札幌第一や北大津など全国の各校で臨時コーチを務める。

各球団の「ドラ1候補」に浮上 横浜・藤平にあえて言う

 まず、夏の神奈川大会の展望から。春の関東大会準優勝で第1シードの横浜が本命だ。エース右腕・藤平と左腕・石川の二枚看板。右と左という利点は大きい。相手が極端なオーダーを組みにくいからだ。村田、公家の中軸打者は長打力があり、打線に厚みがある。

 藤平は最近、巨人、西武、DeNAのドラフト1位候補に浮上したと報じられた。「1位候補」なら、あえて言わせてもらう。「一発病」を直さないとダメだ。最速152キロ。指にかかった球は素晴らしいものがある。一方で指にかからない143~144キロの高めをスタンドに放り込まれることがある。春の県大会準々決勝の東海大相模戦でも手痛い一発を浴び、延長戦に持ち込まれた。「指のかかり」を意識して欲しい。異常な汗っかき。夏はスタミナの消耗も心配だ。

 対抗1番手は第2シードの桐光学園。アンダースローエースの中川は打っても中軸。順当に勝ち進めば、横浜とは準決勝で当たる。狭い横浜スタジアムは夏の間、外野方向へ「ホームラン風」が吹く。藤平の「死んだ球」が最も脅威になる強力打線の桐光学園は、走者をためて3ラン以上の本塁打が欲しい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事