年収100億円超も? 代表引退でますます続くメッシの天下

公開日:  更新日:

 アルゼンチンが26日に開催された南米選手権決勝でPK戦の末、チリに敗れた。試合後、PKを外したアルゼンチン代表FWメッシ(29)が「自分にとって代表は終わった」とコメント。メッシ代表引退の衝撃情報が世界中を駆け巡った。

「所属するバルセロナでは数々の栄冠を手にしてきたが、代表では07年と今回の南米選手権、14年W杯と決勝で敗退。アルゼンチン国内から『忠誠を誓うのはバルサだけなのか。母国はどうでもいいのか。裏切り者』などと痛切に批判され、そのたびにメンタル的に落ち込み、すると『タフなマラドーナを見習ったらどうか』とさらなる批判にさらされ、いよいよ疲弊していった。そろそろ潮時と判断したのでしょうね」(サッカージャーナリスト・六川亨氏)

 もっとも、代表から外れると体力的にも楽になり、クラブにフルパワーで臨める。1月に史上最多の5度目のFIFAバロンドール賞(世界最優秀選手賞)を獲得。6度目、7度目と受賞回数を伸ばせば収入も右肩上がり。現年収は80億円といわれるが、100億円超も夢ではない。

 代表引退でメッシの天下は、これからも続いていく──。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  7. 7

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る