年収100億円超も? 代表引退でますます続くメッシの天下

公開日: 更新日:

 アルゼンチンが26日に開催された南米選手権決勝でPK戦の末、チリに敗れた。試合後、PKを外したアルゼンチン代表FWメッシ(29)が「自分にとって代表は終わった」とコメント。メッシ代表引退の衝撃情報が世界中を駆け巡った。

「所属するバルセロナでは数々の栄冠を手にしてきたが、代表では07年と今回の南米選手権、14年W杯と決勝で敗退。アルゼンチン国内から『忠誠を誓うのはバルサだけなのか。母国はどうでもいいのか。裏切り者』などと痛切に批判され、そのたびにメンタル的に落ち込み、すると『タフなマラドーナを見習ったらどうか』とさらなる批判にさらされ、いよいよ疲弊していった。そろそろ潮時と判断したのでしょうね」(サッカージャーナリスト・六川亨氏)

 もっとも、代表から外れると体力的にも楽になり、クラブにフルパワーで臨める。1月に史上最多の5度目のFIFAバロンドール賞(世界最優秀選手賞)を獲得。6度目、7度目と受賞回数を伸ばせば収入も右肩上がり。現年収は80億円といわれるが、100億円超も夢ではない。

 代表引退でメッシの天下は、これからも続いていく──。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る