• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

重鎮サッカー記者バークレー氏 ユーロGL総括&決勝Tを展望

「イナモト(現札幌MF稲本潤一)のことを詳しく教えてくれないか」。02年日韓W杯の時、英プレミアの強豪アーセナル所属の日本代表MFについて尋ねられたのが、最初の出会いだった。英国籍のパトリック・バークレー記者。彼は76年から高級紙ガーディアン、タイムズ、イブニングスタンダードなどで40年間執筆。ファーガソン監督、モウリーニョ監督の著書も上梓し、テレビ解説者としても活躍した。そんな欧州サッカー界の重鎮が、フランスで開催中の欧州選手権(ユーロ)を最後に第一線から退く決心をした。ユーロ取材9回、W杯取材10回を数える68歳の名物記者を直撃した。(聞き手=サッカージャーナリスト元川悦子)

――今ユーロ全体の印象を教えてください。

「今のところは『ベストではないが、ワーストな大会でもない』。そんな印象を持っています。これまで取材したユーロの中でベストは84年フランス大会。プラティニ率いるフランスは鮮烈でしたね。スペインが圧倒した08年スイス・オーストリア共催大会も素晴らしかった。クアトロ・フゴーネス(4人の創造者の意。シャビ、イニエスタ、シルバ、セスクの4人)のインパクトは凄まじかった。特にシャビは、40年間サッカーを見続けてきた中で最高のプレーヤーだと確信しています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る