重鎮サッカー記者バークレー氏 ユーロGL総括&決勝Tを展望

公開日:  更新日:

「イナモト(現札幌MF稲本潤一)のことを詳しく教えてくれないか」。02年日韓W杯の時、英プレミアの強豪アーセナル所属の日本代表MFについて尋ねられたのが、最初の出会いだった。英国籍のパトリック・バークレー記者。彼は76年から高級紙ガーディアン、タイムズ、イブニングスタンダードなどで40年間執筆。ファーガソン監督、モウリーニョ監督の著書も上梓し、テレビ解説者としても活躍した。そんな欧州サッカー界の重鎮が、フランスで開催中の欧州選手権(ユーロ)を最後に第一線から退く決心をした。ユーロ取材9回、W杯取材10回を数える68歳の名物記者を直撃した。(聞き手=サッカージャーナリスト元川悦子)

――今ユーロ全体の印象を教えてください。

「今のところは『ベストではないが、ワーストな大会でもない』。そんな印象を持っています。これまで取材したユーロの中でベストは84年フランス大会。プラティニ率いるフランスは鮮烈でしたね。スペインが圧倒した08年スイス・オーストリア共催大会も素晴らしかった。クアトロ・フゴーネス(4人の創造者の意。シャビ、イニエスタ、シルバ、セスクの4人)のインパクトは凄まじかった。特にシャビは、40年間サッカーを見続けてきた中で最高のプレーヤーだと確信しています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る