重鎮サッカー記者バークレー氏 ユーロGL総括&決勝Tを展望

公開日: 更新日:

「イナモト(現札幌MF稲本潤一)のことを詳しく教えてくれないか」。02年日韓W杯の時、英プレミアの強豪アーセナル所属の日本代表MFについて尋ねられたのが、最初の出会いだった。英国籍のパトリック・バークレー記者。彼は76年から高級紙ガーディアン、タイムズ、イブニングスタンダードなどで40年間執筆。ファーガソン監督、モウリーニョ監督の著書も上梓し、テレビ解説者としても活躍した。そんな欧州サッカー界の重鎮が、フランスで開催中の欧州選手権(ユーロ)を最後に第一線から退く決心をした。ユーロ取材9回、W杯取材10回を数える68歳の名物記者を直撃した。(聞き手=サッカージャーナリスト元川悦子)

――今ユーロ全体の印象を教えてください。

「今のところは『ベストではないが、ワーストな大会でもない』。そんな印象を持っています。これまで取材したユーロの中でベストは84年フランス大会。プラティニ率いるフランスは鮮烈でしたね。スペインが圧倒した08年スイス・オーストリア共催大会も素晴らしかった。クアトロ・フゴーネス(4人の創造者の意。シャビ、イニエスタ、シルバ、セスクの4人)のインパクトは凄まじかった。特にシャビは、40年間サッカーを見続けてきた中で最高のプレーヤーだと確信しています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  3. 3

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  4. 4

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  5. 5

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  6. 6

    三田寛子を苛む成駒屋「好色の血」…今度は長男に二股疑惑

  7. 7

    菅首相「大きなうねりではない」頭の中はコロナより外遊

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    日本人6割が感染 カリフォルニア由来の変異株どこまで危険

  10. 10

    中村吉右衛門 一時心肺停止も千両役者に引退の二文字なし

もっと見る