松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

2000安打の福留へ “曖昧基準”名球会で爺さまのお茶汲みか

公開日: 更新日:

 プロ野球名球会の条件は野手2000安打、投手200勝か250セーブ以上。

 野手は続々と達成中。広島新井貴浩に続いて福留孝介。名球会もアメリカ大リーグほど偏狭じゃないらしく、日米通算もオッケー。よかった、めでたい、おめでとう。

 昔いっぺんだけ飲み屋で同席したことがあったような、なかったような?

「三冠王なんて、いつでも取れますよ」

 ドッヒェ? すごいなどうも! 飛ぶ鳥を落としたうえにトサカからボンジリまで焼き鳥にしちまうんだぁ! と、びっくらこいたのがキミだったかどうか、シワの伸びきっちまった脳みそにゃ杳として定かならず、オヤジの繰り言だ勘弁しろや。そのわりには2000本までゆっくりだったね。

 そろそろ達成しそうなのがロッテの福浦和也、中日荒木雅博、マリナーズの青木宣親。名球会に名を馳せる大打者かどうか? 別にハードルが下がったわけじゃないんだろうが、コツコツとバットに当てるのがうまい地味な職人野手ばかりとなった感じがする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  3. 3

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  6. 6

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    松山マスターズVの裏側 コーチとギア担当者が新加入し支援

  9. 9

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  10. 10

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

もっと見る