リオ五輪7人制ラグビー 日本代表は男女とも“死の組”入り

公開日:  更新日:

 男女とも厳しい戦いを強いられそうだ。

 リオ五輪で初めて実施される7人制ラグビーの組み合わせ抽選が28日(日本時間29日)、現地の大会組織委員会で行われ、日本は男子(世界ランク10位)がニュージーランド(同3位)、英国(同4位)、ケニア(同9位)と同じC組になった。同10位の女子のC組にはカナダ(同3位)、英国(同4位)、ブラジル(同9位)が入った。

 リオ五輪のラグビーは12チームが3組に分かれて予選リーグを行い、各組上位2チームと3位の2チームが準々決勝に進出する。予選を突破するには最低でも2勝が必要になる。日本男女が準々決勝進出を果たすには世界ランク上位の2カ国から金星を挙げるしかない。

 7人制初の金メダルを目指して世界の強豪各国は昨年のW杯終了後、主力選手がこぞって15人制代表を辞退。五輪に向けて本格的な調整に励んでいる。

 海外勢に比べて体格とスピードで劣る日本は昨年のW杯同様、世界を驚かす番狂わせを演じられるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  3. 3

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  4. 4

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    吉川晃司や近藤サトで注目 グレーヘアはモテにつながるか

  7. 7

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  8. 8

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

  9. 9

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  10. 10

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

もっと見る