稀勢の里の横綱昇進条件 協会は明確化すべしと評論家苦言

公開日: 更新日:

「確かに稀勢の里は強い。2場所連続13勝2敗と安定感もあります。でも、現状では『日本人力士の中では一番強い』というだけ。相撲の取り口にしても、どこに特徴があるのかといえば言葉に窮します。結局、横綱審議委員会と相撲協会が日本人横綱を無理やりにでもつくって、盛り上げたいというだけでしょう。ならば、稀勢の里が13勝で優勝でも昇進させてしまうのか。そんな昇進のさせ方では稀勢の里のためになりませんよ。弱い横綱では、昇進後に苦労しますからね」

 さらに中澤氏は続ける。

「そもそも、今の大相撲は満員御礼が続いており、人気があるじゃないですか。無理に日本人横綱をつくる必要があるのか。それよりも大切なのは相撲内容の向上です。最近の大相撲はただ勝った負けたの繰り返し。『負けた力士もよく健闘した』というような、記憶に残る相撲が少ない。お客さんも力士の勝敗だけを見にきているわけではないことに、相撲協会も気付くべきです」

 過去の横綱たちは多大なプレッシャーをはねのけ、最高位に上り詰めた。稀勢の里を優遇したところで、モンゴル勢に勝てないダメ横綱にしかならない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

  2. 2

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  3. 3

    さざ波以上に「笑笑」が問題 高橋洋一氏は人としてダメだ

  4. 4

    蜜月関係から一転…西尾市長「スギ薬局」猛批判の裏事情

  5. 5

    前統幕長“ワクチン独断専行”に激怒!ポンコツ首相は猛省を

  6. 6

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  7. 7

    阪神エース西は体たらくいつまで?先発陣ボロボロ投壊寸前

  8. 8

    ぼったくり男爵が来日固執 小池女帝の五輪返上阻止を画策

  9. 9

    松坂桃李ピカ一のポンコツ男 地で行くダサさに∞の可能性

  10. 10

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

もっと見る