代表担当記者が懸念 「イタリアの快進撃は危険」の意味

公開日:  更新日:

 3連覇を狙った王者スペインを2─0で撃破したイタリア。前回大会決勝(スペイン4─0イタリア)のリベンジを果たし、イタリア国民は歓喜に沸いているが、この快進撃は必ずしも同国サッカー界にとってプラスばかりではないようだ。ユーロスポーツHPでアズーリ(イタリア代表の別称)情報を手掛けている専門記者2人に聞いた。(聞き手=サッカージャーナリスト・元川悦子)

「正直、スペイン戦は勝てないと思っていた。イタリアは、ユベントスの選手で固めた守備陣は機能しているが、攻撃系のタレントが手薄。日本のある雑誌に『史上最弱のアズーリ』と書かれたみたいだけど(苦笑)、それも十分にうなずける話だった」(マッティア記者)

「指揮官コンテが有能だから勝てた。彼はユベントスでも実証している通り、守備組織の構築力に長け、攻撃も限られた人材の有効活用がうまい」(シモーネ記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る