• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

代表担当記者が懸念 「イタリアの快進撃は危険」の意味

 3連覇を狙った王者スペインを2─0で撃破したイタリア。前回大会決勝(スペイン4─0イタリア)のリベンジを果たし、イタリア国民は歓喜に沸いているが、この快進撃は必ずしも同国サッカー界にとってプラスばかりではないようだ。ユーロスポーツHPでアズーリ(イタリア代表の別称)情報を手掛けている専門記者2人に聞いた。(聞き手=サッカージャーナリスト・元川悦子)

「正直、スペイン戦は勝てないと思っていた。イタリアは、ユベントスの選手で固めた守備陣は機能しているが、攻撃系のタレントが手薄。日本のある雑誌に『史上最弱のアズーリ』と書かれたみたいだけど(苦笑)、それも十分にうなずける話だった」(マッティア記者)

「指揮官コンテが有能だから勝てた。彼はユベントスでも実証している通り、守備組織の構築力に長け、攻撃も限られた人材の有効活用がうまい」(シモーネ記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

  6. 6

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  7. 7

    中国人女優・范冰冰さん 消息不明の背景に脱税と暴露合戦

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  10. 10

    年内にもソウル訪問 金正恩が納得する“警護”間に合うのか

もっと見る