日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

イタリアが雪辱 敗者スペインには「一時代の終わり」の声

 イタリアが4年前のリベンジを果たした。

 欧州選手権(ユーロ)の決勝トーナメント1回戦でイタリア、スペインの強豪国が激突(日本時間28日午前1時開始)。

 前大会決勝戦の再現となった一戦は、イタリアの方が多くの決定機をつくりながら進んでいった。前半33分、試合が動いた。イタリアがゴール正面でFKを獲得。FWエデルの蹴ったボールをGKデ・ヘアがファンブルし、それをイタリアDFキエッリーニが押し込んで先制。後半アディショナルタイムには、FWペレが右足ボレーシュートを叩き込み、スペインの息の根を止めた。

「08年のユーロ、10年のW杯、そして12年のユーロと主要国際大会3連覇を飾ったスペインも、ついに一時代が終わった」と現地で取材中のサッカージャーナリスト・元川悦子氏が続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事