• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

2アンダーで日本勢トップ 野村敏京の強みは“韓国語堪能”

【全米女子オープン】

 2016年シーズンがスタートした時には、世界ランクが日本勢9番手の野村敏京(23)だったが、今季2勝を挙げて同ランク22位までアップ。断トツの1番手に躍り出て、日本代表としてリオ五輪出場をすでに決めている。

 イン発進の初日は前半で3バーディーを決めてターン。折り返して4番でボギーをたたくも、70で回り2アンダー11位タイでホールアウトした。

 野村は現在、米女子ツアー賞金ランク5位につけており、平均パット数3位(1.75)、バーディー数2位(253)、平均スコア9位(70.16)と安定感が光っている。

 しかしメジャーではANAインスピレーション26位、全米女子プロ63位と成績が振るわない。とはいえ韓国人の母親を持ち、韓国語にも不自由しない。練習ラウンドでは昨年覇者のチョン・インジと回るなど、女子ツアーで圧倒的な強さを誇る韓国勢とコミュニケーションをとれるのが強みだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  3. 3

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る