2アンダーで日本勢トップ 野村敏京の強みは“韓国語堪能”

公開日: 更新日:

【全米女子オープン】

 2016年シーズンがスタートした時には、世界ランクが日本勢9番手の野村敏京(23)だったが、今季2勝を挙げて同ランク22位までアップ。断トツの1番手に躍り出て、日本代表としてリオ五輪出場をすでに決めている。

 イン発進の初日は前半で3バーディーを決めてターン。折り返して4番でボギーをたたくも、70で回り2アンダー11位タイでホールアウトした。

 野村は現在、米女子ツアー賞金ランク5位につけており、平均パット数3位(1.75)、バーディー数2位(253)、平均スコア9位(70.16)と安定感が光っている。

 しかしメジャーではANAインスピレーション26位、全米女子プロ63位と成績が振るわない。とはいえ韓国人の母親を持ち、韓国語にも不自由しない。練習ラウンドでは昨年覇者のチョン・インジと回るなど、女子ツアーで圧倒的な強さを誇る韓国勢とコミュニケーションをとれるのが強みだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  2. 2

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  3. 3

    幼保無償化がようやくスタートも…多子世帯には厳しい現実

  4. 4

    植野妙実子氏「表現の自由」の抑圧で民主国家は成立しない

  5. 5

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  6. 6

    五つ子の“減胎手術”ですべての子を失った女性の悔恨

  7. 7

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  8. 8

    元おニャン子・立見里歌さん 元アイドルが子育て終えた今

  9. 9

    「ゴジラvsコング」で始動 小栗旬を待つ“雑巾がけ”の日々

  10. 10

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る