横峯さくら1アンダー発進 高難易度のホールでバーディー

公開日: 更新日:

【全米女子オープン】

 米ツアーに主戦場を移して2年目の横峯さくら(30)。前週大会は今季最高の10位に入り調子が上向きだ。しかも8度目の出場となる今大会は予選落ちが一度もなく、2014年7位、10年10位と2度のトップ10入りがあり、タフな設定になると強さを発揮する。

 アウト発進の初日は出だし1番でバーディーを奪うも、直後の2番がボギー。その後は手堅くパーセーブを続けるも、アンジュレーションがきついグリーンにてこずり8番、9番の連続ボギーで2オーバーとしてターン。ところがインに入ると粘り強い巻き返しを見せた。難易度2位の10番でバーディーを奪って波に乗ると、続く11番もチャンスを放り込んでバーディー。

 そして、この日最も難易度の高かった14番で4つ目のバーディーを決めて再びアンダーパー圏内に飛び込み、そのまま23位タイでホールアウトした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  3. 3

    安藤優子の私生活は不倫が代名詞に…2度も見事成就させた

  4. 4

    小倉智昭にオファーなし…レギュラー獲得に意欲も空回り

  5. 5

    広島再選挙は野党系リード 菅官邸「負けたら岸田のせい」

  6. 6

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  9. 9

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  10. 10

    小宮悦子は2度の離婚で大ダメージ負う…泥沼の不倫裁判も

もっと見る