リオ五輪出場は厳しく…イ・ボミが初日出遅れ4オーバー

公開日: 更新日:

【全米女子オープン】

 昨季7勝を挙げ、国内男女通じて獲得賞金最高額を塗り替える2億3049万円を稼いだイ・ボミ(27)も、リオ五輪韓国代表入りを目指して出場した。

 ボミは世界ランク14位。日本勢トップの野村の22位より上だが、競争激しい韓国選手の中では7番手と厳しい立場だ。韓国の出場枠は4つ。「リオに出るには優勝するしかない」と決意を語っていた。

 今季も日本ツアーですでに2勝をマークして、賞金レーストップを独走中だが、かねて本紙指摘通り“日本仕様”ではメジャーではダメというのがよくわかる。周りのレベル、コース設定のタフさが日本とは違いすぎるからだ。

 初日は2バーディー、6ボギーの76とスコアを大きく落として4オーバーだった。リオ五輪出場は厳しくなったか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  4. 4

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  5. 5

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  6. 6

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  7. 7

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    特捜9vs捜査一課長 “お決まり”でも高視聴率の2作品を解剖

  10. 10

    フジ女子アナにステマ疑惑…花形職業の凋落で自覚マヒか?

もっと見る