• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

宮里美1アンダー、大山4オーバー…リオ代表2番手争い明暗

【全米女子オープン】

 いよいよリオ五輪日本代表が決まる最終決戦だ。

 今大会終了時点(7月11日)の世界ランクで上位2人が日本代表に選ばれる。ランク22位の野村敏京(23)はすでに決定しており、2番手争いを演じているのが同42位の大山志保(39)、同45位の宮里美香(26)、同46位の渡邉彩香(22)の3人だ。ランクに加算されるポイントが高いメジャーの成績次第では、3人のダレが選ばれてもおかしくない状況だ。

■不振脱出? 宮里美香が好スタート切る

 米ツアー8年目、1勝の宮里は2週前の大会で予選落ち。前週は54位と調子が低迷していた。だがこれまでの不振がウソのように好スタートを切った。

 1番パー4は傾斜を使って2打目をピンそば2メートルに寄せて、バーディー発進。3番パー5でボギーを叩くも、5番パー4で4メートル、7番パー4でもフックラインを読み切り4メートルのバーディーパットを沈めて、前半は2アンダーで折り返す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  4. 4

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  5. 5

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  6. 6

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  7. 7

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  8. 8

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  9. 9

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る