• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

宮里美1アンダー、大山4オーバー…リオ代表2番手争い明暗

【全米女子オープン】

 いよいよリオ五輪日本代表が決まる最終決戦だ。

 今大会終了時点(7月11日)の世界ランクで上位2人が日本代表に選ばれる。ランク22位の野村敏京(23)はすでに決定しており、2番手争いを演じているのが同42位の大山志保(39)、同45位の宮里美香(26)、同46位の渡邉彩香(22)の3人だ。ランクに加算されるポイントが高いメジャーの成績次第では、3人のダレが選ばれてもおかしくない状況だ。

■不振脱出? 宮里美香が好スタート切る

 米ツアー8年目、1勝の宮里は2週前の大会で予選落ち。前週は54位と調子が低迷していた。だがこれまでの不振がウソのように好スタートを切った。

 1番パー4は傾斜を使って2打目をピンそば2メートルに寄せて、バーディー発進。3番パー5でボギーを叩くも、5番パー4で4メートル、7番パー4でもフックラインを読み切り4メートルのバーディーパットを沈めて、前半は2アンダーで折り返す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る