宮里美1アンダー、大山4オーバー…リオ代表2番手争い明暗

公開日:  更新日:

【全米女子オープン】

 いよいよリオ五輪日本代表が決まる最終決戦だ。

 今大会終了時点(7月11日)の世界ランクで上位2人が日本代表に選ばれる。ランク22位の野村敏京(23)はすでに決定しており、2番手争いを演じているのが同42位の大山志保(39)、同45位の宮里美香(26)、同46位の渡邉彩香(22)の3人だ。ランクに加算されるポイントが高いメジャーの成績次第では、3人のダレが選ばれてもおかしくない状況だ。

■不振脱出? 宮里美香が好スタート切る

 米ツアー8年目、1勝の宮里は2週前の大会で予選落ち。前週は54位と調子が低迷していた。だがこれまでの不振がウソのように好スタートを切った。

 1番パー4は傾斜を使って2打目をピンそば2メートルに寄せて、バーディー発進。3番パー5でボギーを叩くも、5番パー4で4メートル、7番パー4でもフックラインを読み切り4メートルのバーディーパットを沈めて、前半は2アンダーで折り返す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る