• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ライバルFW続々加入…レスター岡崎はレギュラー剥奪危機

 欧州選手権(ユーロ)が閉幕。これから欧州各国リーグの選手の売り買いが活況を呈していく。

 日本代表FW岡崎慎司(30)が所属する英プレミアの覇者レスターも例外ではない。昨季終了後にドイツ・ハノファーのGKツィーラー、スペイン・ヒホンのDFエルナンデスの加入が発表されたが、やはり気になるのは、岡崎のライバルとなる攻撃系選手の動向だ。

 レスターは先日、今オフ加入FW第1号としてナイジェリア代表FWムサ(23)の獲得を発表した。彼はオランダのフェンロ、前所属先であるロシア・CSKAモスクワで日本代表MF本田圭佑とチームメートだった。

 身長170センチ、体重65キロと岡崎(174センチ、74キロ)よりもひと回り小柄だが、ムキムキの筋肉質でフィジカルコンタクトにも強く、左右両サイドから果敢にドリブル突破を仕掛け、積極的にシュートを放っていく。左右両足が利き足という点も評価が高く、レスターはクラブ史上最多の移籍金21億円を投じた。ムサに対する期待の高さがよく分かる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  10. 10

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

もっと見る