• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ライバルFW続々加入…レスター岡崎はレギュラー剥奪危機

 欧州選手権(ユーロ)が閉幕。これから欧州各国リーグの選手の売り買いが活況を呈していく。

 日本代表FW岡崎慎司(30)が所属する英プレミアの覇者レスターも例外ではない。昨季終了後にドイツ・ハノファーのGKツィーラー、スペイン・ヒホンのDFエルナンデスの加入が発表されたが、やはり気になるのは、岡崎のライバルとなる攻撃系選手の動向だ。

 レスターは先日、今オフ加入FW第1号としてナイジェリア代表FWムサ(23)の獲得を発表した。彼はオランダのフェンロ、前所属先であるロシア・CSKAモスクワで日本代表MF本田圭佑とチームメートだった。

 身長170センチ、体重65キロと岡崎(174センチ、74キロ)よりもひと回り小柄だが、ムキムキの筋肉質でフィジカルコンタクトにも強く、左右両サイドから果敢にドリブル突破を仕掛け、積極的にシュートを放っていく。左右両足が利き足という点も評価が高く、レスターはクラブ史上最多の移籍金21億円を投じた。ムサに対する期待の高さがよく分かる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  3. 3

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  6. 6

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

  7. 7

    強がっても負け惜しみ 安倍政権レームダック化の急加速

  8. 8

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  9. 9

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  10. 10

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

もっと見る