南アに快勝も先行き不安 U-23代表「主力」いまだ固まらず

公開日: 更新日:

 29日の南ア五輪代表との一戦は、日本五輪代表に招集された21選手にとって「13人に絞られる最終テスト」だった。

 五輪登録選手は18人。そのうち年齢制限なしのオーバーエージ(OA)枠3人に加えて、FW南野(ザルツブルク)、久保(ヤングボーイズ)の欧州組2人は当確だからである。

 試合はキックオフと同時に南アの選手がフルパワー。フィジカル能力の高さとスピードで日本を圧倒したが、前半37分のFW中島のゴールで潮目が変わり、前半終盤だけで3得点。後半も流れは変わらず、4-1のワンサイドゲームとなった。

「南アの選手は明らかに飛ばし過ぎ。攻めに掛かった時の迫力は凄まじいものがありましたが、前半30分過ぎに足が止まってしまい、日本代表の組織力、俊敏性、スピードについていけなくなりました」(サッカージャーナリスト・六川亨氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  7. 7

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  8. 8

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る