守備統計が語る“強い鹿島” 完封17試合中9試合&総失点10

公開日: 更新日:

 明治安田生命J1の最終節(25日)で首位の鹿島が、最下位の福岡を2―0で撃破。2ステージ制では01年後期以来6度目の優勝を飾り、11月のチャンピオンシップ出場権、前期優勝賞金5000万円を獲得した。

 優勝を争った2位の川崎については「優勝経験ゼロ。タイトルを取らせてやりたかった」という声はサッカー界にも少なくなかったが、攻守のバランスが取れた鹿島の優勝には、誰もが納得するしかないだろう。

 中でも「守り」が盤石だった。総得点29は川崎の33、4位・広島の32の後塵を拝したが、総失点10はダントツである。

 ベテランGK曽ケ端の充実ぶりが際立った。

 GKセーブ率はリーグトップの79%。全17試合中9試合を無失点で切り抜けた。昨季前期を無敗で制して強さを見せつけた浦和でさえ、無失点は6試合しかなかった。いかにGK曽ケ端を中心に鹿島の守備が安定していたか、を物語っている。

 J1最多の年間優勝7度を誇る鹿島だが、3連覇した09年以降は年間優勝から遠ざかっている。

 ようやく「強い鹿島」が戻ってきた――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  4. 4

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  5. 5

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  6. 6

    マリエは今だから枕営業の実態告発 “海外の目”援軍なるか

  7. 7

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  10. 10

    ワクチン後進国の日本が“変異株リスク”…米外交専門誌が警鐘

もっと見る