• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

守備統計が語る“強い鹿島” 完封17試合中9試合&総失点10

 明治安田生命J1の最終節(25日)で首位の鹿島が、最下位の福岡を2―0で撃破。2ステージ制では01年後期以来6度目の優勝を飾り、11月のチャンピオンシップ出場権、前期優勝賞金5000万円を獲得した。

 優勝を争った2位の川崎については「優勝経験ゼロ。タイトルを取らせてやりたかった」という声はサッカー界にも少なくなかったが、攻守のバランスが取れた鹿島の優勝には、誰もが納得するしかないだろう。

 中でも「守り」が盤石だった。総得点29は川崎の33、4位・広島の32の後塵を拝したが、総失点10はダントツである。

 ベテランGK曽ケ端の充実ぶりが際立った。

 GKセーブ率はリーグトップの79%。全17試合中9試合を無失点で切り抜けた。昨季前期を無敗で制して強さを見せつけた浦和でさえ、無失点は6試合しかなかった。いかにGK曽ケ端を中心に鹿島の守備が安定していたか、を物語っている。

 J1最多の年間優勝7度を誇る鹿島だが、3連覇した09年以降は年間優勝から遠ざかっている。

 ようやく「強い鹿島」が戻ってきた――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  9. 9

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  10. 10

    NEWS小山もう復帰説…ジャニ“キャスター”12人に世間の目は

もっと見る