守備統計が語る“強い鹿島” 完封17試合中9試合&総失点10

公開日: 更新日:

 明治安田生命J1の最終節(25日)で首位の鹿島が、最下位の福岡を2―0で撃破。2ステージ制では01年後期以来6度目の優勝を飾り、11月のチャンピオンシップ出場権、前期優勝賞金5000万円を獲得した。

 優勝を争った2位の川崎については「優勝経験ゼロ。タイトルを取らせてやりたかった」という声はサッカー界にも少なくなかったが、攻守のバランスが取れた鹿島の優勝には、誰もが納得するしかないだろう。

 中でも「守り」が盤石だった。総得点29は川崎の33、4位・広島の32の後塵を拝したが、総失点10はダントツである。

 ベテランGK曽ケ端の充実ぶりが際立った。

 GKセーブ率はリーグトップの79%。全17試合中9試合を無失点で切り抜けた。昨季前期を無敗で制して強さを見せつけた浦和でさえ、無失点は6試合しかなかった。いかにGK曽ケ端を中心に鹿島の守備が安定していたか、を物語っている。

 J1最多の年間優勝7度を誇る鹿島だが、3連覇した09年以降は年間優勝から遠ざかっている。

 ようやく「強い鹿島」が戻ってきた――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  3. 3

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  6. 6

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  7. 7

    複数球団が熱視線 ソフトB福田がオフFA最大の目玉は本当か

  8. 8

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る