リオ五輪選手村に深刻欠陥 5%の部屋でライフライン異常

公開日: 更新日:

 開幕まで約2週間と迫ったリオ五輪に新たな問題が浮上した。選手村のアスリートが寝泊まりする宿泊施設に重大な欠陥が生じているからだ。

 リオ五輪組織委員会は参加する約1万8000人のアスリートを収容するための宿泊施設を31棟(約3600室)建設。ブラジルの地元メディアなどの報道によれば、全体の約5%に当たる部屋でガス漏れや電気系統のトラブルなど、ライフラインに異常があるという。

 AP通信によれば、入村に影響しかねないのが豪州、英国、ニュージーランドの3カ国の選手団だ。豪州選手団の広報担当者は「部屋には壁から水漏れし、ガスの強烈な臭いに包まれている上に、電気の配線が切れているところもある」と選手村の実情を明かしている。

 多数のトップアスリートを擁する豪州のメダル取りに影響しそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    140億円の超ジャンボ宝くじ当てた 40代夫婦のその後の生活

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

  4. 4

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  5. 5

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  6. 6

    5歳未満のコロナウイルス保有量「大人の10~100倍」のナゾ

  7. 7

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  8. 8

    岩手県初のコロナ感染者に誹謗中傷が…ウソ申告増加の懸念

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

もっと見る