リオ五輪選手村に深刻欠陥 5%の部屋でライフライン異常

公開日: 更新日:

 開幕まで約2週間と迫ったリオ五輪に新たな問題が浮上した。選手村のアスリートが寝泊まりする宿泊施設に重大な欠陥が生じているからだ。

 リオ五輪組織委員会は参加する約1万8000人のアスリートを収容するための宿泊施設を31棟(約3600室)建設。ブラジルの地元メディアなどの報道によれば、全体の約5%に当たる部屋でガス漏れや電気系統のトラブルなど、ライフラインに異常があるという。

 AP通信によれば、入村に影響しかねないのが豪州、英国、ニュージーランドの3カ国の選手団だ。豪州選手団の広報担当者は「部屋には壁から水漏れし、ガスの強烈な臭いに包まれている上に、電気の配線が切れているところもある」と選手村の実情を明かしている。

 多数のトップアスリートを擁する豪州のメダル取りに影響しそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  2. 2

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  6. 6

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  7. 7

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  8. 8

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

もっと見る