「奇跡起きなかった」 イシンバエワの要望を国際陸連却下

公開日:  更新日:

 棒高跳びの女王がリオ五輪出場の望みを絶たれた。

 世界記録保持者(5メートル6センチ)のエレーナ・イシンバエワ(34)が28日(日本時間29日)、国際陸連(IAAF)から正式に出場を認めないとの通知を受けたという。自身のSNSで明らかにした。

 ロシア陸連による組織的ドーピング問題で自身の潔白を訴えていたイシンバエワは「残念なことに異議は受け入れられなかった。奇跡は起きなかった。応援してくれた人たちに感謝したい」とメッセージを寄せている。

 イシンバエワはリオ五輪からロシアの陸上選手除外処分を下した国際オリンピック委員会とIAAFの決定を不服として国際スポーツ仲裁裁判所(CAS)に提訴。21日に却下されたが、25日には同国スポーツ省を通じてIAAFに出場を直訴する要望書を提出していた。すでにリオを最後に引退を示唆していたイシンバエワはフィールドに立つことなく、ポールを置くことになりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る