IOC委員3度目立候補も…室伏にイシンバエワ“同情票”の壁

公開日:  更新日:

「リオ五輪ではIOC(国際オリンピック委員会)アスリート委員の選挙が行われます。ぜひ、ご協力を」――。

 21日に行われたリオ五輪監督会議で、日本オリンピック委員会(JOC)が関係者たちにこう呼びかけた。

 五輪会期中の8月17日まで行われる今回のアスリート委員選挙には、24カ国から24人の選手が立候補している。24日に開幕する陸上の日本選手権で5度目の五輪出場を目指す男子ハンマー投げの室伏広治(41)もそのひとり。3度目の立候補で初当選を目指す。

 IOCアスリート委員は夏季4人、冬季2人の計6人。アスリート委員はIOC委員も兼務する。JOCでは20年東京五輪を控えるため、室伏を当選させてIOC委員に送り込もうという算段だが、情勢は極めて厳しいと言わざるを得ない。

 今回、陸上からの立候補者は室伏も含めて5人で、競技別では最多。アスリート委員は1競技につき1人との規定があるため、仮に陸上から選出されるとしても確率は5分の1。ただでさえ狭き門の上に、同じ陸上からは手ごわいライバルが名乗り出ている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  2. 2

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る